12人の女性がつくる 「からだとココロに嬉しいごはん」

6月22日(水)18時8分 J-CASTニュース

彩り鮮やか、ヘルシーな3商品

写真を拡大

   ファミリーマートは、社内外の12人の女性メンバーによる商品開発プロジェクトチーム「さくらプロジェクト」が開発したチルド弁当「トマトソースと彩り野菜のオムライス」、「十勝チーズと海老の豆乳ドリア」を2011年6月21日に発売。また、6月28日には「3種チーズのタコライス」を発売する。




   「さくらプロジェクト」は、さまざまな部門から集まったメンバーが、女性の視点に立って「からだとココロに嬉しいごはん」、「野菜×ちょっとずつ×彩り鮮やか」をコンセプトに商品開発を進める商品開発チームだ。


   今回発売の「トマトソースと彩り野菜のオムライス」は、マンナンごはん入りのオムライスにナスやズッキーニといった夏野菜を添えて、たった325キロカロリーのヘルシーメニュー。「十勝チーズと海老の豆乳ドリア」は、豆乳入りホワイトソースに十勝モッツアレラチーズをのせて焼き上げた、カラフルな彩りが特徴の夏向けドリアだ。


   「3種チーズのタコライス」は、チェダー、モッツアレラ、グラナの3種類のチーズをトッピングし、16の雑穀入りごはんを使ったスパイシーなタコライスとなっている。


   それぞれ価格は460円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ファミリーマートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ