「これが重力か!」実感できる遊園地 夏休み限定で有明に登場

6月22日(金)12時20分 J-CASTニュース

親子で一緒に楽しめる

写真を拡大

   日建リース工業(東京・千代田区)は、新感覚遊園地「有明そらスタジオ(そらすた)」を、東京・江東区有明で、2012年7月14日から9月2日までの夏季限定で開催する。



一緒に滑空できる2人乗り「ジップライン」など


   「東京有明の青い空、大切な人たちとの共有体験を通じて、特別な夏の思い出を創造する」をコンセプトに、東京ドームのグランドの約2倍にあたる面積のスペースに建設した。日本初の「重力体感型の遊園地」とうたっている。



   親子やカップルが一緒に滑空できる日本初の2人乗りの「ジップライン」や、マンションの4階に相当する地上11メートルから飛び降りる絶叫アトラクション「ブレイブジャンプ」、敷地面積600平米、高さ4階建てという国内最大クラスの立体迷路「超難解3D迷路」など、子供から大人まで安全に楽しめる個性的なアトラクションが満載だ。



   真夏の開催ということで屋外では気温が気になるところだが、パーク内では暑さ対策にも万全を期し、エアコン常備の大型テントやミストシャワーを完備する。飲食・ショッピングブースやバーベキュー広場も設けるので、年齢を問わず、一日中さまざまな楽しみかたができそうだ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

遊園地をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ