清涼感に肩こり改善、ゴキブリ退治まで 「ハッカ油」はこんなにスゴい

6月22日(水)10時0分 J-CASTニュース

北見ハッカ通商の「ハッカ油」(公式サイトより)

写真を拡大

沖縄が2016年6月16日、鹿児島・奄美地方が6月18日に梅雨明けした。ここのところ30度近くまで気温が上がる地域も多く、いよいよ夏本番の到来を思わせる気候になってきた。


暑い夏を乗り切る対策として、エアコンや扇風機、保冷剤などの活用、こまめな水分補給といったおなじみの方法に加え、最近では「ハッカ油」が注目されつつある。

風呂に垂らしたりパウダーに混ぜたり



そもそもハッカとは、ミントの和名のこと。刈り取って乾燥させたのち、蒸留すると精油が出てくる。これが「ハッカ油」の原料だ。


北海道の土産物店などでよく見かけるのは、北見ハッカ通商が製造・販売しているもの。ほか、健栄製薬や大洋製薬といった製薬会社のものが知られている。


暑くなってきたこの頃、ツイッターではこの「ハッカ油」を有効活用しているという報告が寄せられ始めている。
















使い過ぎると「極寒」なんてことも



ハッカ油の実力は、清涼感や虫よけにとどまらない。


北見ハッカ通商のオンラインショッピングサイトには、購入者から


 
「出かけた先で娘が体調を崩し吐き気がすると言うので、ハッカ油をハンカチにスプレーして嗅がせると、とてもリラックス出来たようで、吐き気も和らぎ、無事帰宅する事が出来ました」

「肩凝りがある時、シュッとすれば凝りが軽減され楽になります」

「風邪で鼻が詰まっているときにもシュッとするだけで、鼻がとおりすぐに呼吸しやすくなります」

「立ち仕事で疲れきった足につけて寝るとすっきり眠れます」


など、ちょっとした体調不良がハッカ油で改善されたというレビューが寄せられている。



また、Amazon.co.jpでは、健栄製薬の「ハッカ油P 20ml」へのレビューで



「ハッカ油を家の中あちこちに置いたら、頻繁にゴキブリが現われていたのが、ぱったり姿を見せなくなりました」

「雑巾に沁み込ませて気になる所を拭き掃除しています。使用してからゴキブリが出なくなりました」

「台所や寝室や居間などもスプレーしておくと、ゴキブリも、コバエもいなくなりました」

との報告が。忌まわしきゴキブリをも退散させてくれるとは、「万能薬」といっても過言ではなさそう。


様々な用途で使えるハッカ油だが、用法・用量を間違えるととんでもないことになるようだ。


ツイッターでは、風呂に10滴入れてしまったという人から「湯船に浸かってるのに寒い」、肌に塗った人からは「調子に乗って付けすぎると全身が知覚過敏みたいな感じになる」といった声が。わずかな量で抜群の効果を発揮するものなので、くれぐれもビンを傾けたらドバドバ...なんてことにはならないように注意されたし。

J-CASTニュース

肩こりをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ