魅せるスライドは 「スーパーのチラシ」に学べ!

6月23日(火)9時0分 ダイヤモンドオンライン


日本マイクロソフトのエバンジェリストとして、日々膨大な数のプレゼンテーションを行っている西脇資哲氏。前回の「なぜ“オジさん”を見てしまうのか…トッププレゼンターに学ぶ『視線誘導』」では、プレゼンの本質が「視線誘導」にある理由をお話しいただいた。


それでは具体的に、どうやって視線を誘導すればいいのだろうか? 今回は、スライド資料の作成に役立つテクニックをご紹介いただく。


文字だけで「聞き手の目線」を操るには?


前回はプレゼンの聞き手は「いま目で見ているもの」の話しか理解してくれない、というお話をしました。つまり、プレゼンターにとって何より大切なのは、伝えたい内容に「目を向けてもらう」ことなんですね。


スライドのつくり方、シナリオの構造、トーク表現など、じつにさまざまなところに「視線誘導」の工夫を入れる余地があります。新刊『プレゼンは「目線」で決まる』では、そのためのメソッドを全部で77個紹介しました。


今回は、そこでも書いた方法をいくつかお教えしましょう。
スライド資料作成における視線誘導、しかも「文字」だけで、聞き手の目線をリードするときに、意識するべきポイントです。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

スーパーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ