8割が「継続希望」! 日本サプリメントの 出荷数600万袋戦略

6月23日(木)11時0分 ダイヤモンドオンライン

横田伊佐男(Isao Yokota)CRMダイレクト株式会社代表取締役。企業や受講者の課題点をすばやく摘出し、短時間で確実な成果へと引き上げる「超訳力」を駆使したマーケティング研修講座は、上場企業ホールディングス、政府系金融機関、欧州トップの外資系金融企業、意欲ある中小企業経営者等からの依頼が絶えず、これまでの受講者はのべ2万人を数える。横浜国立大学成長戦略研究センター研究員。 【CRMダイレクトHP】 http://www.crm-direct.com/

写真を拡大

約3年の月日をかけて、伝説の名著3部作・計4冊2000ページ超がたった1冊に凝縮された『最強のコピーライティングバイブル』がついにリリース。発売たちまち重版出来となった。

鉄板の法則を「骨」とし、国内成功24業種100事例で肉づけした著者の横田伊佐男氏。
「Amazonランキング大賞2016上半期【ビジネス・経済】ベスト10」にランクインした『稼ぐ言葉の法則』著者で、「日本一のマーケッター」の神田昌典氏が「今後100年、歴史に刻まれる名著」と断言した『最強のコピーライティングバイブル』から、コピーライティングの極意をこっそり紹介してもらおう。


「型26:証言スタイル」にする


ここまで4カテゴリ、すなわち「新情報訴求」「価格訴求」「情報・エピソード訴求」「キーワード訴求」について紹介してきた。

 最後は、これらのカテゴリーにとらわれない、もしくはミックスした変則的な訴求方法だ。



●文法
成果・問題+証言表現


●基本例文

「私がここまで減量できたかを聞いてください」


●事例
「ずっと続けていきたいです。」

出典:日本サプリメント株式会社(WEB)


「最近、ハグキが弱ってきたみたい」

「年齢のせい?」


出典:サンスター株式会社(新聞広告)

※実際のクリエイティブ例は、本書にて紹介。


●ポイント

「証言」というのは、第三者の意見やコメントを連想させるので、書き手の恣意性が薄く客観性が強く伝わりやすい。


 このことは、読み手の警戒心を解き、信頼性を勝ち取ることにつながる。


 実践では、意思を持った1人をピックアップする「代表証言タイプ」と、顧客の代表的声を淡々と載せる「ユーザーズボイス(利用者の声)タイプ」の2つに大別して使い分ける。


 1つ目の掲載事例は、「代表証言タイプ」。

 2つ目の事例が、「ユーザーズボイス(利用者の声)タイプ」である。


 著名タレントを用いた1つ目の事例は、リピート購入を実感させるようなコピーだ。


 その成果として、これまで出荷数量600万袋突破約8割が継続愛用希望というロングセラーになっている(出典:日本サプリメントHP)。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ