冷やすと送り火が「点火」 目と舌で味わうカップ酒

6月23日(土)12時24分 J-CASTニュース

京の五山も描かれている

写真を拡大

   北川本家(京都市伏見区)は、冷やすと大文字の送り火が点火する「富翁京の町酒カップ」(180ミリリットル)を、2012年6月20日に全国発売した。参考小売価格は、1本399円。



17度を境に絵柄が変化



   正面に京の碁盤をイメージし、清水寺・金閣寺などが実際の位置に準じて、デザインされている。京の五山も描かれていて、17度以下に冷やすと景色が昼から夜へと色が変わるだけでなく、「五山の送り火」が点火する仕組みだ。


   絵柄は、ラベルではなくガラス瓶のカップに直接プリント。ガラスと同じ成分のインキを使用し、約600度の温度で焼き付けるのではがれることがない。


   お酒は辛口の本醸造酒に仕上がっていて、「あっさりとした飲み口で、常温でも冷やしてもおいしく飲める」という。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「送り火」をもっと詳しく

「送り火」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ