パソコン出荷台数、5月は23%増 「XP」サポート終了で

6月24日(火)13時29分 J-CASTニュース

   電子情報技術産業協会(JEITA)は2014年6月23日、5月の国内パソコンの出荷台数が前年同月比23.2%増の87万5000台だったと発表した。13年10月以降、8か月連続で2ケタ台の増加。マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズXP」がサポート終了になったことで、パソコンの買い替えが続いている。

J-CASTニュース

マイクロソフトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ