観光庁の正式な後援が決定!地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめプロジェクト」

6月24日(月)18時40分 PR TIMES

アニメや漫画、音楽などのキャラクターコンテンツを使って、日本全国の温泉地や地方都市を盛り上げることを目的とした地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめプロジェクト」が、これまで行われた地方都市でのイベント活動や温泉地の啓蒙活動を評価され、観光庁の後援が正式に決定!

2017年3月からスタートした地域活性クロスメディアプロジェクト「温泉むすめプロジェクト」が正式に観光庁の後援を得ました。温泉むすめは、福島県出身の代表が東日本大震災をきっかけに企画。観光客が減少した東北だけでなく、全国の温泉地や地方都市を活性化するために立ち上がった地域活性を目的としたプロジェクトです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22128/9/resize/d22128-9-486834-1.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/22128/9/resize/d22128-9-390601-0.jpg ]

アニメの舞台となった場所にファンが訪れる聖地巡礼(アニメツーリズム)や位置情報と連動したスマートフォンゲームによる地方都市への来訪が増える中、エンタメコンテンツの力で地方を「元気に」「笑顔に」することを目標に掲げ、温泉むすめプロジェクトは約2年ほど活動を行っています。

地方の活性化に一番必要なことは、「まずは認知されること」そして「実際に現地に人が訪れること」です。そのため温泉むすめでは様々な自治体や企業とパートナーシップを結び、「認知と来訪」の拡大に向けてこの2年ほどの間に、東京以外の13の都道府県及び20箇所以上の地域でイベントを開催してきました。今年もすでに熱海温泉(静岡県)や飯坂温泉(福島県)でのイベントが決定しています。

今後も地方都市の「認知と来訪」を進めながら、プロジェクトの運営会社のひとつである株式会社エンバウンドの社名の由来でもある「エンタメ×インバウンド」を実現するために、観光庁や地方自治体、各温泉地と連携しながら、世界に誇る日本文化の一つである「温泉(ONSEN)」を世界に広めるために活動を進めていきます。

今後の温泉むすめの活動にご注目ください。

◆観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/

◆温泉むすめプロジェクト
『温泉むすめ』は、日本全国の温泉地をキャラクター化して、アニメーションや漫画、ゲームなどのメディア展開を行い、声優やキャラクターによるアイドル活動を通じて全国に“癒し”と“笑顔”を与え温泉の魅力を世界に発信していく地域共生・活性クロスメディアプロジェクトです。

・温泉むすめ公式サイト
https://onsen-musume.jp/

・温泉むすめ公式Twitter
https://twitter.com/onsen_musume_jp

(C)温泉むすめ/Enbound, Inc.

◆会社概要
社名   株式会社エンバウンド
所在地  東京都渋谷区富ヶ谷1-35-20-706
代表者  橋本 竜
資本金  3,000万円(資本準備金 2,700万円)
設立   2016年9月20日
事業内容 アニメーション・音楽・漫画等のコンテンツ企画・制作
各種イベントの企画・制作・プロデュース
後援:  観光庁、大日本印刷、キヤノン、富士フイルム、日本ユニシス、報知新聞社

◆温泉むすめプロジェクトメンバー
株式会社エンバウンド
一般社団法人温泉地活性化協会

PR TIMES

「温泉」をもっと詳しく

「温泉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ