コンテントスクエア 2021年AI ブレイクスルーアワードで AIを活用した総合的な分析ソリューションで最優秀賞

6月25日(金)18時47分 PR TIMES

優れたAI、機械学習を表彰するプログラム 今年は世界17カ国以上から2,850件以上のノミネート

海外のマーケティングテクノロジーを駆使する株式会社ギャプライズ(本社:東京都新宿区、代表取締役 CEO:甲斐 亮之、以下「当社」)のパートナーである顧客体験分析の世界的リーダーContentsquare(本社:ニューヨーク、CEO:Jonathan Cherki、以下「コンテントスクエア」)は、2021年6月23日、世界的な人工知能(AI)市場におけるトップ企業、技術、製品を表彰する大手市場情報機関であるAI Breakthroughが実施する第4回AI Breakthrough Awardsプログラムにおいて、同社のアプリケーションCS Liveが「Best Overall AI-based Analytics Solution」に選ばれたことを発表しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/57359/8/resize/d57359-8-704695-0.jpg ]




CMO Niki Hall氏の受賞コメント

CS Liveは、どのコンテンツが最も収益を上げているかを知りたいEコマース担当者から、新しいキャンペーンのエンゲージメントを素早く把握したいCMOまで、チーム内の誰もが使用することができます。
当社のソリューションは、「効果的なDXとは、経験豊富なチーム誰もが、インパクトあるカスタマーエクスペリエンス(CX)の意思決定を行うために必要な顧客インサイトを確保することから始まる」という信念に基づいています。このような素晴らしい賞を授与してくださったAI Breakthroughに感謝し、大変光栄に思います。



今年は世界17カ国以上から2,850件以上のノミネート

▼マネージングディレクターJames Johnson氏のコメント
あらゆる業界で大規模なデジタル化が進む中、画期的なカスタマージャーニーを構築し、エクスペリエンスギャップを解消するためには、真のデジタルカスタマーエクスペリエンスを理解する能力が不可欠です。
コンテントスクエアは、ブランドがデジタルファースト経済の中でビジネスチャンスを最大化するための優れたソリューションを提供しています。
CS Liveの使いやすさと速さは、顧客行動の全体像を把握できず、データを読み解くためにアナリストを必要とす
る事が多い従来の分析手法に比べて、はるかに優れています。
この度は「Best Overall AI-based Analytics Solution」受賞を心よりお祝い申し上げます。

▼AI Breakthrough Awardsについて
AI Breakthrough Awards は、人工知能分野におけるテクノロジー、製品技術、サービス、企業、の卓越性および創造性を表彰することを目的とし2018年に発足、Tech Breakthroughによって運営されています。
Cisco、Dell、Philips、Sprint、HP、Qualcomm、Spotify、Comcast、Western Union、Intel、Quickenなどの各業界を代表する企業と協業し、ビジネス価値創造を推進しています。
今年のプログラムでは、世界17カ国以上から2,850件以上のノミネートがありました。

▼サイト
URL:https://aibreakthroughawards.com/



受賞したアプリケーション CS Liveについて

Chromeなどのブラウザへのアドオンで、高性能ヒートマップがすぐに見れるアプリケーションです。

CS LiveのAIを活用したカスタマー・インサイトは、ブランドがデジタル・カスタマー・エクスペリエンスを迅速かつ大規模に改善するのに役立ちます。
この強力なアプリケーションは、リアルタイムで顧客のエンゲージメントやフラストレーションに関するインサイトを提供し、どのような修正を優先すべきか、また決定による収益への影響を明らかにします。CS Liveは、マーケティングチームの誰もがウェブサイトの各要素の魅力を測定できるようにし、イノベーションや実験に貴重なセーフティネットを提供します。
さらに、CS Liveアプリケーションには、コンテントスクエアのゾーンベースヒートマップ技術が統合されており、手動でタグ付けをすることなく、サイトページの各要素をスキャンして識別し、カスタマージャーニーを詳細に把握することができます。



コンテントスクエアについて

2012年にパリで設立されたコンテントスクエアは、ロンドン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ミュンヘン、テルアビブ、東京、シンガポールにオフィスを開設しています。
設立以来、デジタルの信頼性をソリューションの中心に据えており、最近では、CCPAやGDPRなどのデータ保護に関する法的枠組みや各国の法律(オーストラリア、ブラジル、カナダ)の規定に準拠して情報セキュリティを管理するためのベストプラクティスの規格であるISO 27701認証を、プライバシーファーストのグローバル組織として少数ながら取得しています。
顧客体験分析プラットフォームは、何十億ものデジタル行動を追跡して可視化し、誰もが収益の拡大、ロイヤリティの向上、イノベーションの促進のために利用できるインテリジェントなレコメンデーションを提供しています。
2021年5月にはソフトバンクグループ傘下の投資ファンド、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2主導の資金調達ラウンドで5億ドル(約550億円)を調達。コンテントスクエアの評価額は28億ドル(約3070億円)に拡大しています。

▼グローバルフォーチュン100の30%を含む25か国700社以上の企業顧客からの信頼
コンテントスクエアのプラットフォームは、グローバルフォーチュン100の30%を含む700社以上の企業顧客や、American Express、Best Buy、Dell、Ikea、LVMH、T-Mobile、Salesforce、Sephora、Toyotaなどの業界大手企業から信頼を得ています。
また、100社以上のテクノロジーベンダーとの統合や、世界中のコンサルタントやデジタルマーケティングソリューションプロバイダーとの戦略的パートナーシップにより強力なエコシステムを構築しています。
現在、1日あたり14億ドルのeコマース売上高を含む10兆件の消費者インタラクションを分析しており、世界最大級のデジタル行動のベンチマークとなっています。
2019年には、別の確立されたエクスペリエンスアナリティクス企業であるクリックテールと、革新的なマーチャンダイジングとプライシングソリューションであるPricing Assistantを買収しました。両社の買収から得た主要な機能は、コンテントスクエアの単一の拡張SaaSプラットフォームに急速に統合され、市場での世界的なリーダーシップをさらに確立しました。

▼コンテントスクエアはデジタル消費者行動の変化をウィークリーでレポーティングしています。
URL:https://contentsquare.com/digital-experience-benchmark-hub/

▼サービスサイト
URL:https://contentsquare.com/jp-jp/

▼当社メディアMarTechLab内のコンテントスクエアに関する記事一覧
URL:https://martechlab.gaprise.jp/?s=contentsquare



ギャプライズについて

株式会社ギャプライズは世界中からテクノロジーソリューションを見出し、顧客企業が思い描く未来を顧客と共に追求し、実現を目指す企業です。
イスラエルをはじめとした海外のマーケティングテクノロジーである、SimilarWeb、Contentsquare、monday.com、Optimizely、Sisenseなど、多くのグローバル企業での導入実績のあるツールや先進的なテクノロジーを日本国内に導入/支援を実施しています。
社名 : 株式会社ギャプライズ
設立 : 2005年1月27日
代表者: 代表取締役CEO 甲斐 亮之
資本金: 2,000万円
所在地: 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル6階
コーポレートサイト:https://www.gaprise.com/
※記載されている会社名及び商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


※こちらのリリース内容はコンテントスクエアの本国記事を翻訳編集したものになります。
https://contentsquare.com/blog/contentsquare-recognized-for-customer-experience-innovation-in-2021-artificial-intelligence-breakthrough-awards-program/

PR TIMES

「テント」をもっと詳しく

「テント」のニュース

「テント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ