「FlexCRM」と「Re:lation」が連携 〜顧客情報から過去のメールやTwitterを参照できるようクラウド連携〜

6月26日(月)10時0分 @Press

ノイアンドコンピューティング株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役:藤川 英士、以下「当社」)が開発販売する「FlexCRM」は、株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田 哲也)が開発する「Re:lation(リレーション)」との連携機能をご利用いただけるようになりました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131391/LL_img_131391_1.jpg
イメージ


■FlexCRMとRe:lationの連携機能概要
1. FlexCRMからRe:lationのタイムライン画面の呼び出し
FlexCRMからRe:lationのタイムライン画面を呼び出すことにより、過去のメールやTwitterでのお問い合わせ履歴を閲覧できます。

2. Re:lationからFlexCRMの画面の呼び出し
Re:lationで整理されたメールやTwitterからFlexCRMの画面を呼び出すことにより、FlexCRMに整理された顧客情報や案件管理に接続し、管理することができます。


■CRM/SFAクラウドサービス「FlexCRM」について
「FlexCRM」は優れた操作性と、低コストで導入できるクラウド型のSFA/CRM(営業支援・顧客管理)システムです。
顧客情報を共有化してチームの生産性を向上させる「顧客管理」、営業活動の今を可視化し売上や利益の最大化に貢献する「営業支援」、DMやメールなどでダイレクトにお客さまにアプローチする「マーケティング」、お客さまひとりひとりの顧客満足度の向上に寄与する「カスタマーサポート」などを中心とした機能を搭載し、業務の効率アップと可視化をシンプルに実現します。

FlexCRM 製品ホームページ: https://flexcrm.jp/


■問い合わせ対応クラウドの新基準「Re:lation」について
「Re:lation(リレーション)」とは、企業が行う問い合わせ対応業務において、対応漏れ・ミスを「ゼロ」にするクラウドサービスです。「対応済みか否か一目で判断」「二重対応をブロック」「送信事故を防止する」機能などを備え、対応ミスによる炎上や送信事故を未然に防ぎ企業ブランドを守ります。また、LINEやfacebookメッセンジャーのように個々のメールの相手とのやり取りを「タイムライン」で表示する機能や、KDDI株式会社が提供するezwebメールとしてメールを送受信する携帯メールオプションなど数々の機能により「ひとりひとりの顧客に向き合える」対応ツールとなっています。

Re:lation 製品ホームページ: http://ingage.jp/relation/


■ノイアンドコンピューティング株式会社について
当社は、2000年に創業し、以来一貫して自社IT製品の開発(プロダクト事業)と、個別のお客様に対してITシステムを開発・運用するソリューション事業という、2つを事業の柱としています。この時代の中で革新的なサービスを創造し、お客様の利益拡大、市場の拡大、地域経済の拡大に貢献していきたいと考えております。

【会社概要】
会社名 : ノイアンドコンピューティング株式会社
設立 : 2000年9月1日
資本金 : 11,260万円
代表者 : 代表取締役 藤川 英士
所在地 : 広島県広島市中区袋町4-31 合人社広島袋町ビル3F
会社ホームページ: https://www.neu.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

顧客情報をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ