がん研究の世界的権威ロバート・トーマス教授が来日 記者会見でポリフェノールに関する画期的な研究成果を発表

6月26日(火)8時45分 @Press

東京、2018年6月25日 - 英国におけるがん研究の世界的権威として知られるロバート・トーマス教授が6月14日より来日し、「寿命100歳時代の生き方」をテーマにした国内講演ツアーを開催しました。18日には東京・有楽町の日本外国特派員協会(FCCJ)にて記者会見を行いました。講演はNPO法人キャンサーネットジャパン、NPO法人JORTC、合同会社PT PLUS、英国メディアHuman Timesの後援のもと、東京と神戸の医療機関やイベントで開催され、400名を超える参加者が耳を傾けました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/159380/LL_img_159380_1.png
ポミティー

ロバート・トーマス教授は最新の研究活動の中で、医師・看護師・理学療法士・栄養士からなる研究チームを率い、どのようなライフスタイルや栄養摂取計画が、がん・肥満・糖尿病・関節炎などを含む慢性疾患の予防に効果的なのかを探るための臨床研究を策定。栄養学的な介入研究を実施し、どういった食べ物・栄養補助食品が、がんの進行遅延や治療後の再発防止に役立つのかを調べてきました。研究過程において、トーマス教授は世界中の研究者と連携して膨大な量の公表済みデータを精査し、抗がんの観点から現時点でもっとも有益なライフスタイルと食生活を見極めることに注力しました。

講演においてトーマス教授はこうした国際研究の成果を報告。本格的な「寿命100歳時代」が到来する中、ライフスタイルや栄養、「健康的により良く生きること」を追求するQOL(クオリティ・オブ・ライフ)に関連した、役立つ発見や教訓を紹介しました。以下はそのテーマの一部です。


・がんの進行スピードや初期治療後の再発率を抑え、幸福感の改善、運動パフォーマンスの向上、不安感・落ち込み・疲労感の抑制、メンタル面の健康維持にも役立つ実用的なライフスタイル戦略

・「避けるべき発がん性のある食べ物」「消炎作用や抗がん作用のある物質」といった通説や神話の裏側にある事実/ミネラルサプリ、ビタミンサプリの効用とリスク/食事の中のポリフェノール量を増やすことの潜在的な効能

・ポリフェノールを豊富に含んだサプリメント「Pomi-T(R)ポミティー」に関連した世界最大規模の二重盲検ランダム化比較試験の結果と、ポリフェノールを含む栄養補助食品が持つ健康増進への可能性について


ロバート・トーマス教授は講演と記者会見において特に、数々の興味深い研究成果が報告されている植物性化学物質(ファイトケミカル)関連分野にフォーカスしました。ファイトケミカルは様々な食物の色や味や香りを生み出す植物由来の物質で、近年このファイトケミカル、特にポリフェノールが、健康に大きなメリットとなることを証明するデータが次々と発表されています。

多くの研究によって明らかになった膨大なデータは、ファイトケミカルが抗酸化酵素を活性化させ、DNAの修復機構を整えるほか、慢性炎症を抑え、がんの進行を誘発するプロセスへ直接的に作用し、発がん性物質から私たちを守ってくれることを強く示唆しています。

※ロバート・トーマス教授の講演資料をご希望の方は、 info@pt-plus.jp までお問い合わせください。

6月18日には日本国内で「Pomi-T(R)ポミティー」を独占販売する合同会社PT PLUS(以下、PT PLUS)の立ち上げが行われました。PT PLUSは、トーマス教授が実施した無作為化比較試験(Pomi-T study)を始めとするファイトケミカル及びポリフェノール関連の国際研究に基づいた事業に注力します。PT PLUSの代表取締役社長は今回のポミティー国内販売決定にあたり、次のように述べました。

「この度日本における専属販売代理店としてポミティーを日本のお客様にお届けできることを、とても嬉しく思います。ポミティーは科学的研究に基づいた栄養補助食品で、ハーブ類、スパイス、野菜、果物の独自ブレンドが一粒に凝縮されたサプリメントです。普段の食生活を自然由来のポリフェノールでアシストすることで、日本の皆様が健康的な人生を最大限に楽しみ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を改善するお手伝いができると確信しています」

Pomi-T(R)ポミティー国内販売に関する詳細につきましては、info@pt-plus.jp までお問い合わせください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「がん研究」をもっと詳しく

「がん研究」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ