人を動かすプレゼンの 黄金比「30対70」とは?

6月26日(金)11時0分 ダイヤモンドオンライン


発売直後から売れ行き好調の『プレゼンは「目線」で決まる』—本書の著者である西脇資哲氏は、日本マイクロソフトのエバンジェリストとして、日々膨大な数のプレゼンテーションを行っている。


前回の「魅せるスライドは『スーパーのチラシ』に学べ!」では、“視線誘導”に欠かせないスライド作成テクニックについて語っていただいた。


しかし、西脇氏によれば「資料作成」以外にも、視線誘導の「仕掛け」を入れる余地は無数にあるという。


プレゼンは「3つの要素」が

噛み合ったときに成功する!


第1回、第2回では「プレゼンを確実に伝えたければ“相手に見てもらうこと”が不可欠だ」というお話をしました。

「では、どうやって視線誘導をするのか?」となったときに、多くの人がまず考えるのが「スライドのつくり方を工夫する」というアイデアだと思います。


書店のプレゼン本コーナーに足を運ぶと、「どうすれば見やすいスライド資料をつくれるか」を紹介した本がズラリと並んでいます。

でも、「解説書の言うとおりにクールな資料をつくっても、いざ会議となると、さっぱりうまくいかなかった…」という人がほとんどではないでしょうか?


この「資料偏重主義」の流れは、正直、あまりよろしくないですね。

セミナー・研修でも著書『プレゼンは「目線」で決まる』でも、私はスライドの作成法だけでなく、「スライド以外」の解説にかなり力を入れるようにしています。


プレゼンでは「(1)スライド」「(2)シナリオ」「(3)トーク」という3つの要素がうまくかみ合ったときに初めて、相手を動かすエネルギーが生まれます。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

日本をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ