摩訶不思議な球体デザイン コードレスハンディクリーナー「orb」

6月26日(日)17時40分 J-CASTニュース

掃除機であることを感じさせないデザイン

写真を拡大

   米国の電動工具メーカー、ブラック・アンド・デッカーは、球体デザインを採用したコードレスハンディクリーナー「orb」(オーブ)を、2011年7月1日に発売する。



   本体の中心部にモーターを配置した独自の設計で、ユニークな球体フォルムのボディを実現。掃除機であることを感じさせないシンプルかつコンパクトな外観は、ふだんからインテリア雑貨の感覚でテーブルや棚、キッチンなどに設置できる。


   操作方法は、ハンドルを取り出すと同時に吸引ノズルが開き、使い終わったら充電台に置いて上面の収納ボタンを押すだけ。


   本体サイズは直径約13センチ、重さ750グラム。色は、パールマジェンタ、ブラック、ホワイトの3色。アクセサリーとして、ブラシノズル、先細ノズルなどを付けた。充電時の消費電力は約3.7ワット。希望小売価格は、1万500円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ハンデをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ