2020年春夏 ポール・スミス メンズ&ウィメンズ コレクション発表

6月26日(水)22時40分 PR TIMES

色、質感、生地をコラージュしたポール・スミス2020年春夏コレクションは、ポールの70年代アメリカ、ニューヨークのダウンタウンへの旅にインスピレーションを受けています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-773473-7.jpg ]

70年代ニューヨークを訪れたポールは、ソーホーエリアで芽吹いていたアートシーンの活気とエネルギーを目の当たりにしました。 当時、OK Harris、Pace、Leo Castelliのようなギャラリーは、アッパーイーストサイドで存在感を示していた主流派から外れ、喧騒に溢れるダウンタウンエリアに進出しました。 街の若いアートコミュニティーは、倉庫のようなスタジオで画材屋のPearl PaintやCanal Streetを埋め尽くしていたハードウェアショップから調達できる素材を利用して創作活動を行い、自由な創造性を発揮していました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-665908-2.jpg ]

コレクションはポールがかつてニューヨークで知り合ったクリエイティブな人々のワードローブがインスピレーション源となっています。当時のアーティストたちは、オーバーオールの代わりにテーラードスーツ、オーバーサイズのジャケットやカスタマイズしたコットンシャツなど、日常にあるアイテムに工夫を加え作り上げた自身のスタイルを通して自己表現していました。当時のアーティストたちの自由な着こなしは、キャットウォークに反映されています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-972860-6.jpg ]

テーラリングは70年代のノスタルジアを超えて進化し、デザインには機能や実用性が考慮されています。スーツは柔らかく着心地の良い仕立てで、オーバーサイズ気味のフィット、長めの着丈、大きめのラペル、深い股上が特徴的です。さりげない質感や柄の素材はコレクションに奥行きを与えています。メンズとウィメンズ共に、ダブルフェイスのキルテッドシルクがショートパンツなどに用いられているほか、ウィメンズのコットンテーラリングにはマットな、メンズのテクニカルなテーラリング素材にはシャイニーなピンストライプ柄が登場します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-531301-3.jpg ]

コレクションのカラーはポップアートのパレットに影響を受けており、ダスティーピンクやキャラメルなどのパステルカラーから蛍光イエローやブルーなどの色彩が特徴です。スクリーンプリントで表現した花柄には、70年代ニューヨークで出会った人々の間に息づいていたDIY精神が反映されています。ポール・スミスのラッキーアニマルとして知られているウサギも、ポップアートに登場するようなカートゥーン調のグラフィックで表現され、様々なアイテムにさりげなく散りばめられています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-562454-5.jpg ]

サウンドトラックを占めるモダンジャズのナンバーは、大西洋を横断したその当時のポールの旅のロフトジャズの記憶に影響を受けています。Makaya McCravenのようなコンテンポラリーミュージシャンはMiles Davisに敬意を表しつつ、ポール・スミス2020年春夏コレクションをインスパイアしたアーティストたちのスピリットに忠実に、トラックをコラージュするアナログな手法を用い、新しいジャズサウンドを開拓しています。

またショーには、6月1日にポール・スミス メンズブランドアンバサダーに就任した三浦春馬さんが来場しました。
会場では、2019年秋冬コレクションのポール・スミス’Woven in England (ウーヴン・イン・イングランド)’シリーズから、1910年創業の英国老舗テキスタイルメーカー’Clissold(クリソルド)社’の生地を使用したグリーンのタータンチェック3ピーススーツを着用しました。やや短めの着丈に細めのラペルやフラップ、身体に沿った英国らしいスリムなシルエットが特徴的です。インナーにはバンドカラーのホワイトシャツを合わせ爽やかなルックを演出しました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/31226/36/resize/d31226-36-705427-0.jpg ]


“アンバサダーに就任してから、ポール・スミスが持つ、伝統とモダンを融合した独創的な美学やスタイルを追求していきたいと思っていました。今回、ここパリの地で間近にコレクションを体験し、まさに本場ヨーロッパで活躍するモデルや、ショーをファッションとしてもエンタテインメントとしても演出していたスタッフ、そんなプロフェッショナルな人達とお逢いして、俳優として大いに刺激的で貴重な体験をさせて頂きました。” ー三浦春馬


≪三浦春馬さん プロフィール≫
1990年4月5日生まれ。茨城県出身。2008年に映画「恋空」で第31回日本アカデミー賞新人賞、2014年には映画「永遠の0」で第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。近年の主な出演作に、ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系)、映画「銀魂2」、「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」など多数。2016年7月にはトニー賞で6部門を受賞したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の日本人キャスト版へ出演し、第24回読売演劇大賞の優秀男優賞と杉村春子賞を受賞。2019年4月には再演が決定。7月16日よりドラマ「TWO WEEKS」(フジ系・火曜21時)で主演。9月20日より主演映画「アイネクライネナハトムジーク」が公開予定など、現在、日本を代表する俳優としてドラマ・映画・舞台と幅広く活躍中。

20SS PAUL SMITH SHOW AT PARIS FASHION WEEK STAFF CREDIT
Styling by Max Pearmain
Hair by Anthony Turner
Make-Up by Lynsey Alexander and the M·A·C PRO team

PR TIMES

「ニューヨーク」をもっと詳しく

「ニューヨーク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ