下校時の事故率は、登校時の約4倍!暗闇でピカッと光って子供を守るカジュアル服「ピカジュアル」7月10日発売

6月27日(火)10時30分 @Press

株式会社イグシ(本社:愛知県あま市、代表取締役:伊串 嘉洋)は、インターネット通信販売「楽天市場( http://www.rakuten.co.jp/igushi-shouten/ )」にてリフレクト(再帰性反射材)活用した子供服「ピカジュアル」及び雑貨の販売を2017年7月10日(予定)に開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131409/LL_img_131409_1.jpg
リフレクターTシャツ・リュック・傘


【開発の背景】
交通死亡事故数14年連続ワースト1の愛知県に本社を置く株式会社イグシができることとは?
交通死亡事故数14年連続ワースト1の愛知県は警察や行政が様々な対策をしていますがすぐに成果につながらず、まだまだ交通事故は減りません。株式会社イグシの社員たちも幼稚園、小学生の子育てをする中で、子供達を交通事故から守るために、できることは何か?キッズアパレルとして洋服を通じて何かできるのではと考え、今回の商品製作に至りました。これまでの子供用の交通安全衣料は、ファッションにこだわる現代のお母さんの意向にそぐわないものが多いという声をいただいておりました。単純に派手で目立つだけの商品ではなく、普段着でもオシャレに見えるように心がけて製作した結果、リフレクターを使用したピカジュアルが産まれました。


【薄暮の夕方4時〜6時は魔の時間帯】
添付したグラフの通り夕方4時〜6時は学校から子供達が帰宅するタイミングとなる時間帯で、しかも日暮れで一気に視界が悪くなる薄暮の時間です。そのため交通事故が多く発生する「魔の時間帯」といえます。また睡魔にも襲われやすく、判断力や集中力も低下する「魔の時間帯」。人間の眠気は午後2時から4時と、午前2時から4時に大きなピークがあり、居眠り運転による交通事故の多発時刻を見るとこの時間帯に集中しています。そんな魔の時間帯から「ピカジュアル」で子供達の安全を守りたいと考えております。

<交通事故の構成率>
https://www.atpress.ne.jp/releases/131409/img_131409_5.jpg


【商品の概要】リフレクト子供服「ピカジュアル」
自動車のライトやカメラのフラッシュなどの光に反射して光るリフレクト(再帰性反射材)プリントを使用しています。安全作業着、軍事、道路標識に用いられるものと同様技術を使っています。
*再帰性反射とは:光源から発した光が対象物に当たると、再び光源に向かって帰される反射です。

名称 : リフレクターリュック、傘、トートバッグ、ジャケット、Tシャツ
販売開始日: 2017年7月10日(予定)
販売料金 : 1,500円〜3,900円(税別)
サイズ : 100cm〜150cm(キッズ、スクールサイズ)
販売店 : 楽天市場
URL : http://www.rakuten.co.jp/igushi-shouten


■会社概要
商号 : 株式会社イグシ
代表者 : 代表取締役 伊串 嘉洋
所在地 : 〒490-1114 愛知県あま市下萱津江西11番地
設立 : 1961年(昭和36年)11月
事業内容: キッズ向けアパレルを主とした企画・デザイン・販売
委託者商標による受託製造(ODM、OEM)
資本金 : 3,200万円
URL : http://www.igushi.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「事故」のニュース

BIGLOBE
トップへ