Excelforeが自動運転 eDatX OTAクラウドプラットフォームを日本で販売開始

6月27日(木)9時30分 @Press

自動車データ管理のパイオニアであるExcelforeは、ビッグデータAI(人工知能)処理向けエラーの検出、予測分析などを含む、ビッグデータ学習機能開発のためのアルゴリズム開発のプラットフォーム「eDatX」を6月27日より日本で販売開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/187077/LL_img_187077_1.jpg
Excelfore eDatx solution

eDatXは、双方向OTAデータパイプラインによってクラウドに収集されたデータ処理のための、自動車に特化した開発プラットフォームです。

eDatXは、各機能を組み合わせ、車載センサーと制御機器から排出されるビッグデータを処理するサービス指向のアーキテクチャを容易に構成できます。これより、自動車故障管理と新規サービス開発を加速することが可能です。

eDatXは、セキュリティ対策のされた、オープンなプラットフォームであり、WP29準拠のOTAが、APIを最適化するだけで実現できます。


■Excelfore CEOのShrinath Acharyaのコメント
ビッグデータを効率的に処理することは、ADAS(高度な運転支援システム)や自律走行のためのHPC(ハイ パフォーマンス コンピューティング)の基盤になり、電気自動車パワートレインの最適化などの開発において、不可欠になっています。
eDatXプラットフォームによりクラウド環境を開発することにより、必要なデータ集計機能が簡単に実現できます。


eDatXプラットフォームには、次のものが含まれています。
・車両からのビッグデータ入力制御管理
・リアルタイムストリーム処理
・統計的集計データストレージ
・データの可視化とレポーティングのためのAPI
・AI機械学習エンジンの統合のためのAPI

車両データ接続および管理サービス:
・OTAデータパイプライン認証とプロビジョニング
・フロー制御ポリシーに基づくルールベースデータ管理
・複数のセンサおよびECUからデータの集中および分散ローリングバッファ
・複数のセンサおよびECUの車載データストア
・収集中および収取後のデータ粒度管理
・散発的またはネットワーク接続不良に対応するポリシーベースのデータ粒度管理

eDatXプラットフォームは、任意の商用クラウドサービスで運用することができます。

eDatXプラットフォームは、車載ストリーミングカメラ、LIDAR、レーダー、テレマティクス速度および位置データ、Gフォース加速および回転センサ、外部および内部温度センサ、トルク、ロータ位置、AC DC電圧・電流、燃料空気酸素レベル、油圧、などの広範囲のセンサからデータをネットワークトラフィックとプロトコルエラーのハンドリングを含めて最適に収集できます。
eDatXプラットフォームはまた、工場およびスマートビルディングにおける映像または光検出器、オキュパントセンサ、空気品質センサ、温度センサにおいて量産実績があります。


■Excelforeについて
Excelforeは、シリコンバレーに本社を構えており、車載情報クラウドプラットフォームおよび、コネクティビティアプリケーションの革新的なプロバイダーです。Excelforeは次世代の自動運転車のための、サーバ環境などのスマートモビリティネットワークのミドルウェアソリューションを提供しています。Excelfore製品には、車載イーサネットのタイムセンシティブなネットワーク管理ミドルウェア、OTA更新とデータ収集のための車両クラウドプラットフォーム“eSync(TM)”プロトコルスタックとクラウドサーバソリューションがあります。
参照: https://excelfore.com/

ExcelforeはExcelfore株式会社の登録商標、eDatXは商標です。
eSyncはeSyncアライアンスの商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「自動運転」をもっと詳しく

「自動運転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ