「深い透明感」の万年筆 富士五湖シリーズ第3弾

6月27日(木)7時21分 J-CASTニュース

専用パッケージに入っている

写真を拡大

   プラチナ万年筆(東京・台東区)は2013年7月1日、富士五湖シリーズ限定万年筆「#3776西(sai)」を世界限定3000本で発売する。富士五湖シリーズとして毎年限定モデルを発売しており、「本栖」、「精進」に続く第3弾となる。価格は1万8000円(税抜き)



さらっと書き出せる「スリップシール機能」



   富士五湖の中央、樹海と山に囲まれた西湖の深い透明感をボディーに表現した。シンプルさを追及し、リング装飾をすべて外した。顔料インク推奨万年筆(ピグメントブルーカートリッジ付き)となっているが、染料インクでも顔料インクでも独自機能「スリップシール機能」により、キャップをしたまま2年間放置してもさらっと書き出すことができるという。


   「Written Using Platinum Pigment Ink (プラチナ顔料インクで書かれています)」と書かれたスタンプ付き。フラットデザインを取り入れることで軽量化し、最大径も細くなり、日常使いでの軽快な筆記が楽しめる。


   またペン先は、細、中細、中、太の4 種類から選べる。シリアルナンバー彫刻が施されている。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「万年筆」をもっと詳しく

「万年筆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ