大阪湾・瀬戸内エリアにおけるShip to Ship方式による船舶向けLNG燃料供給の事業化決定

2023年6月27日(火)15時0分 Digital PR Platform


 大阪ガスは、大阪湾・瀬戸内エリアにおいてShip to Ship方式*1による船舶向けLNG燃料供給事業(以下「LNGバンカリング事業」)の事業化を決定しました。本件は、当社では初めてのShip to Ship方式によるLNGバンカリング事業であり、LNG燃料供給船(以下「バンカリング船」)(LNG積載量:約1,500トン)が就航予定の2026年度の事業開始を目指します。

 本事業は、当社の製造所からバンカリング船にLNGを積み込み、LNGを主燃料とした船舶(以下「LNG燃料船」)の停泊地まで輸送し、バンカリング船からLNG燃料船にLNGを供給するものであり、当社がLNGの供給・販売を行います。

 今般、当社100%子会社の大阪ガスインターナショナルトランスポート(以下「OGIT」)、NSユナイテッドタンカー(以下「NSUT」)、阪神国際港湾(以下「HPC」)の3社は、国土交通省の令和5年度 LNGバンカリング拠点形成事業(以下「本補助事業」)に採択されました。
 今後、3社の共同出資により設立した大阪湾LNGシッピング(以下「OLS」)が補助金交付申請を行い、交付決定後、本補助事業のもとでバンカリング船の建造を行います。
 バンカリング船はOLSが保有し、LNG内航船運航の豊富な実績を持つNSUTが船舶管理・運航管理を行う予定です。また、阪神港の港湾運営会社であるHPCは、国・港湾管理者・港湾関係者などと連携し、船舶誘致、船舶用LNG燃料の普及促進を行う予定です。

 従来、船舶燃料には主に重油が使用されてきましたが、世界的な脱炭素化の流れを受け、国際海事機関は、2050年までに温室効果ガス排出量を2008年対比で50%削減する目標を設定しました。今後、船舶燃料の低炭素化に向け、LNG燃料船の竣工が多く見込まれています。
 将来的にはLNGを当社が実現を目指すe-methane*2に置き換えることで、船舶燃料の脱炭素化に繋げていくことが可能となります。

 Daigasグループは、今後も船舶向けへのLNG燃料供給を拡大するとともに、e-methaneの社会実装と船舶燃料向けへの供給を推進することで、海運業界の低・脱炭素化の実現に貢献してまいります。


*1:岸壁に係留中もしくは錨地に停泊中のLNG燃料船に対して、バンカリング船が接舷してLNGを供給する方式。
ほかに、岸壁に係留中のLNG燃料船に対して、岸壁に駐車したLNGタンクローリーからLNGを供給するTruck to Ship方式、
岸壁・桟橋に係留中のLNG燃料船に対して、陸上LNGターミナルなどからLNGを供給するShore to Ship方式がある。
*2:グリーン水素等の非化石エネルギー源を原料としてメタネーションによって製造された合成メタンに対して用いる呼称。

本事業のスキーム

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2295/73047/650_236_20230627085642649a25ba4a786.PNG



Ship to Ship方式によるLNGバンカリング事業のイメージ


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/2295/73047/570_207_20230627085646649a25be31ca0.PNG



会社概要


[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/2295/73047/650_417_20230627085650649a25c25097d.PNG

Digital PR Platform

「大阪湾」をもっと詳しく

タグ

「大阪湾」のニュース

「大阪湾」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ