【仙台うみの杜水族館】活気あふれる昼、幻想的な夜 昼夜で異なる東北唯一のドルフィンパフォーマンス「うみの杜サマー’19」【2019年月7月13日(土)〜8月25日(日)】

6月27日(木)1時40分 PR TIMES


夏の暑さを吹き飛ばずぶ濡れイベント開催!
お子さまたちの強い味方、海の生きものたちの自由研究イベントも!


[画像1: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-318868-2.png ]



夜は昼間の雰囲気から一転、館内全体が幻想的なナイトアクアリウムに。
イルカとパフォーマーが織りなす神秘的なナイトドルフィンパフォーマンス


[画像2: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-322665-3.png ]


海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館、『仙台うみの杜水族館』では、7月13日(土)〜
8月25日(日)の期間、昼は夏の暑さを吹き飛ばずぶ濡れイベントや、お子さまたちの強い味方!?海の生きものたちの自由研究イベントを開催いたします。
夜は昼間の雰囲気から一転して、館内全体が幻想的な別世界に。イルカとパフォーマーが織りなす神秘的なドルフィンパフォーマンスで、昼夜で全く異なる水族館が楽しめる「うみの杜サマー’19」を開催いたします。


昼は暑さを吹き飛ばすずぶ濡れイベントと自由研究で


[画像3: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-664094-4.jpg ]

夏恒例のイルカ、アシカによる水かけの、大人気ずぶ濡れパフォーマンス「STADIUMLIVETHEGROOVE〜SPLASH!!〜」がパワーアップして登場!
今年は新たにバードが加わり、動物たち、パフォーマー、ゲストが一体となる参加型パフォーマンスで、スタジアム全員で盛りあがること間違いなし。
館内では「自由研究」をテーマに、「遊びながら学ぶ」ことができる様々なコンテンツを行います。「タコの自由研究」では、意外に知られていない身近な「タコ」を、水槽展示やパネル解説、実験動画で楽しく学ぶことができます。


夜は幻想的なナイトアクアリウムに。


[画像4: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-277021-5.jpg ]

イルカとパフォーマーが織りなすナイトドルフィンパフォーマンス17時以降は、昨年初めて開催し「仙台の新しい夜の楽しみ」として好評いただいた「ナイトアクアリウム」が再び登場。
「ナイトドルフィンパフォーマンス〜Sparkle〜」は、ミストとムービングライトを駆使した幻想的な光の霧の中で、イルカとパフォーマーによって織りなされる幻想的で迫力ある水中パフォーマンスが加わりました。
館内全体も夜の装いへと一転し、館内各所に散りばめられたアロマやキャンドルによって水族館全体が耽美な空間へ変化し、「ナイトラウンジ」では大水槽「いのちきらめく うみ」に差し込むわずかな月明かりが神秘的な世界へと誘います。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_1.jpg ]



大好評!新感覚LIVEエンターテイメント
「STADIUM LIVE THE GROOVE〜SPLASH!!〜」

今春より昼のパフォーマンスとして登場し、大好評いただいている新感覚LIVEエンターテインメント「STADIUM LIVE THE GROOVE」が期間中、暑さを吹き飛ばすずぶ濡れドルフィンパフォーマンス「〜SPLASH!!〜」として夏季限定で登場いたします。イルカやアシカがお客さまにプレゼントする豪快な水かけは更に迫力を増し、場所によっては“全身ずぶ濡れになれる”ほど。
今年は更にバードがフライトする演出や、客席を3エリアに分け、声出し対決など、ゲスト参加型のコーナーを設け、動物たち、パフォーマー、ゲストが一体となって盛りあがれる“参加型パフォーマンス”へと進化しました。

さらに進化した新感覚LIVEエンターテインメントで爽快感・納涼感をお楽しみいただけます。
[画像5: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-736632-6.png ]



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_2.jpg ]



仙台うみの杜水族館の夏は、様々な「驚きと発見」を!
海より深い不思議 自由研究
海の生きものたちにはあまり知られていない行動や特徴など不思議なことがたくさんあります。
まさに夏休みの「自由研究」にぴったり。
『仙台うみの杜水族館』の夏休みは「自由研究」をテーマに“遊びながら学べる”コンテンツが盛りだくさんです。
特別展示「タコの自由研究」で身近な「タコ」の生態を学んでみたり、ペンギンやオタリアと“楽しく”生態を学んでみたり、と三陸の海を切り取ったような大パノラマが広がる大水槽「いのちきらめく うみ」で魚たちが暮らす様子を観察するなど、「見て・体験して・学ぶ」たくさんのイベントをお届けいたします。



身近なタコのすごいトコロ!!
日本のうみ特別展示「タコの自由研究」


「西の明石、東の志津川」と言われるほど、食材としてのタコは宮城県と縁深い生きもの。だけど、そもそも「タコ」ってナニモノなの?
日本人になじみ深く、誰もが知ってる生きものでありながら、実はあまり知られていないタコの生態を実物展示や解説パネル、動画展示で分かりやすくご紹介いたします。エリア全体がタコ焼き屋さんをイメージとした外装となっているため、お子さまにとって親しみやすく、「遊びながら学べる」雰囲気となっています。タコの知られていない生態を楽しく学ぼう!
[画像6: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-958430-7.png ]


[表3: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_3.jpg ]




のびのびと暮らす生きものに密着!
学術研究中のスナメリに会いに行こう!


[画像7: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-946861-8.jpg ]

2017年10月に東松島沖の定置網で混獲され、仙台うみの杜水族館で学術研究目的で飼育展示中のスナメリは、一般公開から1年以上経過した現在、大水槽で元気に暮らしています。
宮城県での展示は20年ぶりとなったスナメリは、現在では、大水槽内を自由に泳ぎ回り、イワシやエイなど他の魚を追いかけたり、時にはいたずらしてみたりと、かわいらしい行動を見せてくれています。


楽しみながら生きものと一緒に実験!
ペンギンパフォーマンス「自由すぎる自由研究」


[画像8: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-216688-9.png ]

トレーナーが研究員に、ペンギンたちが助手となって、空気砲やパスカルの原理を利用した水鉄砲、静電気の実験や、光の屈折など、様々な実験を行います。
研究員とペンギンたちの“ゆるゆる”な実験をお楽しみください。
[表4: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_4.jpg ]




オタリアの不思議なパフォーマンス!?
「うみの杜オタリア研究所」


[画像9: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-709022-10.jpg ]

飼育スタッフとオタリアの「オタリア研究所!!」。みんな知らないオタリアの生態をおもしろおかしく解説!?いたします。
さらに、夏らしい水濡れ要素も加わってオタリアに水をかけられちゃうかも!?楽しみながら、みんなでオタリア博士になろう!最後に夏らしいひまわり畑をイメージした記念撮影会を行います。
[表5: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_5.jpg ]




学んで遊べるプログラム
じゃぶじゃぶ宝さがし


[画像10: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-792571-11.jpg ]

昨年好評だった「じゃぶじゃぶ宝さがし」が再び登場!
水中や砂浜に隠された自分だけの「お宝(貝殻)」を探しだそう!昼のビーチはお子さまがずぶ濡れで遊べるエリアとなっているので、涼しみながら学んで遊べるプログラムをご体感ください
[表6: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_6.jpg ]




水族館での疑問や不思議を解決!
うみの杜自由研究ナビ

海や生きものの様々な不思議を自由研究のテーマに。水族館で自由研究に取り組める「自由研究ルーム」を期間限定で開設いたします。自由研究のヒントとなるパネル解説の他、ペンギンの羽根やバイカルアザラシの毛などを実物展示。さらに1日2回のレクチャータイムでは飼育スタッフに直接、質問することができ、楽しく「深く」学ぶことができます。


[表7: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_7.jpg ]



[表8: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_8.jpg ]



[表9: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_9.jpg ]



館内全体に広がるフォトジェニック空間。幻想的な雰囲気を演出
「ナイトアクアリウム」

17時からは、仙台市内の夜でも遊べるスポットとして昨年話題となり、盛況を博したナイトアクアリウムを
今年も登場いたします。
「ナイトドルフィンパフォーマンス〜Sparkle〜」はミストとムービングライトを駆使した幻想的な光の霧の中で、イルカと人間が織りなす神秘的かつ臨場感のあるナイトエンターテイメントとしてバージョンアップして登場します。
水族館内も昼とは一転、「夜の装い」に。館内各所に散りばめられたアロマやキャンドルによって水族館全体が新たな幻想的な美しさを追い求めた耽美な空間へ変化いたします。

夜の静寂な空気に包まれる『仙台うみの杜水族館』のナイトアクアリウム。
昼間活動的に動く生きものたちも夜には就寝し、身体を休めます。おとなしく眠る姿は愛くるしく、中には不思議なポーズで寝る生きものも...。
同じ種でも眠る姿には個性が表れますので、ぜひそんな生きものたちの可愛らしい寝顔をご覧ください。


イルカとパフォーマーの絆が織りなす神秘的な世界
「ナイトドルフィンパフォーマンス 〜Sparkle〜」


[画像11: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-978171-12.jpg ]

東北最大、1,000人収容の「うみの杜スタジアム」を舞台に、昨年は「光×ミスト×2頭のイルカ」をテーマに絵画のような幻想的な世界観を創り出し大好評を博しました。
今回のナイトドルフィンパフォーマンスの主役は“イルカ”と“パフォーマー”。
言葉による意思疎通がなくとも、「心のが繋がり」が織りなすコンビネーション抜群の水中パフォーマンスは見どころの1つ。日々、築きあげてきた信頼関係が成せる技です。
そこに「光とミスト」を合わせることで、夏の夜に相応しい神秘的なナイトエンターテイメントへと進化いたしました。
仕切りのないプールだからこそ創り出せる臨場感を通して、夜に煌めく(Sparkle)光とイルカ、それをさらに輝かせるミストとパフォーマーのナイトエンターテインメントをお楽しみいただけます。


[表10: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_10.jpg ]




ナイトラウンジ

17時からは昼の雰囲気から一転し、大水槽「いのちきらめく うみ」が幻想的なナイトラウンジへと変化いたします。月明りがわずかに差し込む静寂な空間演出と、大水槽で躍動する海の生きものたちとのコントラストが水族館の非日常感をさらに高め、ゲストを別世界へと誘います。
さらに館内各所に散りばめられたアロマやキャンドルが生み出す淡い光が上質なインスタレーションを作り上げます。
期間限定のオリジナルドリンクを片手にフォトジェニックな空間をお楽しみいただけます。
[画像12: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-414714-13.png ]



ドリンクメニュー


[画像13: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-638912-14.jpg ]


[表11: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_11.jpg ]




うみの杜ナイトビーチ

ナイトアクアリウムでは、うみの杜ビーチが「ナイトビーチ」となって大人の空間へと変化いたします。ゆったりできるチェアやアウトドアの雰囲気となっていますので、大切に想う恋人や友達同士、ご家族と非日常のひとときをお楽しみいただけます。


日中は見られない夜の生きものたちの魅力


[画像14: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-412930-15.png ]

昼間活動的に暮らしている生きものたちもナイトアクアリウムでは就寝し、普段なかなか目にすることができない可愛らしい寝顔を見せてくれます。
逆に、夜になると活動的になる「夜行性」の生きものも。夜の生きものたちの魅力的な姿を見ることができるのも
ナイトアクアリウムならではの楽しさの一つです。


ナイトドルフィンパフォーマンス プレミアムシート


[画像15: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-384035-16.png ]

「ナイトドルフィンパフォーマンス〜Sparkle〜」に、プレミアムシートが登場です。
満席・お立見必至のナイトドルフィンパフォーマンスをゆとりを持って座ってご観覧いただけます。
[表12: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_12.jpg ]




浴衣で半額!!
「浴衣割〜NORYOUMINOMORI〜」

仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が開催される8月5日(月)〜8月8日(木)の4日間は浴衣で半額!「浴衣割〜NORYOUMINOMORI〜」を実施いたします。
仙台七夕まつりを見た後は水族館へGO!
[画像16: https://prtimes.jp/i/11571/318/resize/d11571-318-894406-17.jpg ]

<条件>
・浴衣を着用していること(甚平、着物でも可)
*割引及び特典の対象となるのは、浴衣を着ている方のみとなります。
*ほかの割引との併用はできません。


[表13: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_13.jpg ]


□通常料金

[表14: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_14.jpg ]



□ナイトチケット(17:00〜)

[表15: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_15.jpg ]



□営業時間

[表16: https://prtimes.jp/data/corp/11571/table/318_16.jpg ]



□お客さまのお問い合わせ先
『仙台うみの杜水族館』
TEL:022-355-2222
http://www.uminomori.jp

PR TIMES

「仙台」をもっと詳しく

「仙台」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ