数字で振り返るJリーグという、広がる地方創生イノベーションの遺伝子

6月28日(水)11時0分 @Press

データの見方を変えて味方にするメディア『データのじかん』(運営:ウイングアーク1st株式会社)は、データ活用の面白さを多くの方に感じて頂くことを目的に、複雑なデータを整理して、分かりやすいビジュアルで表現するデザイン手法“インフォグラフィック”を用いて『Jリーグという、広がる地方創生イノベーションの遺伝子』を公開しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131328/LL_img_131328_1.png
1都道府県1Jリーグクラブ時代の到来!?


公開URL: https://data.wingarc.com/jleague-regional-revitalization-4667


■背景
大都市部と地方との地域格差が広がる中で、地方創生イノベーションという言葉がよく聞かれます。そもそもイノベーションとは、革新的な技術開発や新しいものを取り入れるなどの意味合いで使われる言葉です。Jリーグが設立されたのは1991年で、当時は1部制10クラブでスタートしました。その後参加クラブチームが増加し、1993年のJリーグ開幕になります。さらに1999年には、J2(Jリーグディビジョン2)が発足し、J1が16クラブ、J2が10クラブの合計26クラブ。2016年シーズン終了時にはJ1が18クラブ、J2が22クラブ、J3が17クラブ(U-23チーム含む)で合計57クラブとなり、その数は増加傾向にあります。そこで『データのじかん』は、1993年のJリーグ開幕以降、クラブはどのように増えてきたのか。どのような役割を担っているのか。をインフォグラフィックにまとめ、公開しました。

Jリーグクラブは地域社会との密接な関係性で成り立っているという側面があるため、地方創生には大きな意味があります。新たな雇用を生み出しますし、地元企業とのコラボレーションなども生まれやすく、地域経済の活性化に大いに役立つでしょう。 また、Jリーグが地域にもたらすメリットには、その街に住む地域住民に対しての直接的なメリットも多くあります。
例えば埼玉県さいたま市をホームタウンとする浦和レッズがもたらす経済波及効果は年間127億円(2006年ベースの値、公益財団法人埼玉りそな産業経済振興財団、2007.11公表 (*1))との試算報告やサッカーの競技人口の着実な下支えにつながっているという統計もあります。インフラの整備面では、2011年に開場10周年を迎えた「埼玉スタジアム2002」の埼玉県内への経済波及効果は累計で1,674億円(スポーツの経済効果に関する調査研究-平成26年度(*2))となっており、Jリーグは地方に対して社会貢献の面と経済効果の面を併せ持つビジネスモデルと言えるでしょう。
(*1)公益財団法人埼玉りそな産業経済振興財団 http://www.sarfic.or.jp/report/
(*2)「スポーツの経済効果に関する調査研究」(平成26年度版、文部科学省) http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/chousa/detail/1353864.htm


■本インフォグラフィックを公開している「データのじかん」について
「データのじかん」は「ウイングアーク1st株式会社」が運営するメディアとして、2017年4月11日に正式公開しました。データを切り口にした、トレンドやノウハウを紹介する記事を通して、これからのデータ活用を考えるビジネスパーソンを応援していきます。
そして、データに価値や面白みを感じ、親しみを持ってデータ活用へ取り組まれることを目指しております。


■ウイングアーク1st株式会社について
ウイングアーク1stは、帳票基盤ソリューション「SVF」、BI製品「Dr.Sum EA」「MotionBoard」のソフトウェアとクラウドサービス、電子化によりアナログなプロセスを自動化する「SPA」および第三者データ提供サービス「3rd Party Data Gallery」を提供し、企業の価値を高める情報活用の実現をご提案しています。

商号 : ウイングアーク1st株式会社
所在地 : 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
創業 : 2004年3月
代表者 : 代表取締役社長CEO 内野 弘幸
資本金 : 2億円
事業内容: 帳票事業、BI事業
URL : http://www.wingarc.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

Jリーグをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ