ヨガがセックスに効く理由

6月28日(火)11時0分 ダイヤモンドオンライン

 あなたはヨガと聞いて、なにを思い浮かべるだろうか?「女性がやるもの?」「インド人がやってるもの?」「体がやわらかい人がやるもの?」そう思うかもしれないが、そうではない。


 ヨガとは4000年以上前に人類が発明した、心身を鍛える最強のエクササイズなのである。


 早くも増刷が決まった話題の1冊『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』(ダイヤモンド社)よりその一部を抜粋してお届けする。


「男」を呼び覚ませ


 ヨガは、その教えに禁欲があるため、性欲を否定しているようなイメージがある。


 たしかに『ヨーガ・スートラ』にはやってはいけないこととして、次の5つがあげられている。


(1)アヒムサ(非暴力):殺生をしない

(2)サティヤ(正直):嘘をつかない

(3)アステーヤ(不盗):人のものを盗まない

(4)ブラフマチャリア(禁欲):欲張らない、性欲をコントロールする

(5)アパリグラハ(不貪):生きるのに最低限のもの以上を所有しない、執着しない


 ヨガを続ければ続けるほど性欲がなくなっていくのではないか、とも思いがちだが、実際はヨガをやることで、生物としての活力を取り戻すことができる。『ヨーガ・スートラ』には「禁欲に徹する者は、精力を得る」とも書いてある。


 男性ホルモンのひとつであるテストステロンは、筋肉を増やして体重を減らし、性欲を高める作用をもたらす。



 サンクトペテルブルク国立大学の研究によると、コブラのポーズ(うつぶせから両腕を伸ばして上半身を起こすポーズ)によって、テストステロン濃度が平均で16%上昇することがわかったという。


 コブラのポーズで刺激される第1チャクラ(生殖器と肛門のあいだ)は生命力や情熱などのエネルギーに関係している。ここが活性化することで、パワーが出て若返り、性欲も増すのだろう。


 マルーン5のボーカル、アダム・レヴィーンもヨガを実践していると前述したが、彼は「ヨガは健康にもセックスにもいい」と公言している。


 彼はアメリカの芸能誌「People」誌で「最もセクシーな男性」に選ばれたこともあるぐらい、見事な肉体美を持っている。


 また、女優のジェシカ・シンプソンやキャメロン・ディアス、テニス選手のマリア・シャラポワと交際し、下着モデルのベハティ・プリンスルーと結婚した「モテ男」なのだ。


 現代の生活を続けていると、動物としてのヒトの機能が衰えてしまいがちだ。ヨガで「男」を呼び覚まし、モテ男を目指してみてはどうだろうか。

ダイヤモンドオンライン

「ヨガ」のニュース

BIGLOBE
トップへ