外国人旅行者が選ぶ「日本の人気宿」 1位は……

6月28日(木)13時22分 J-CASTニュース

高層階からの眺望も魅力な「パークハイアット 東京」

写真を拡大

   旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザー(東京・渋谷区)は2012年6月27日、「外国人旅行者が選んだ日本の人気宿2012」を発表した。



   日本を訪れた外国人旅行者から最も高い評価を受けた宿泊施設には、東京都新宿区の「パークハイアット 東京」が選ばれた。


トップ20のうち8施設が東京都

   トリップアドバイザーに2011年4月〜2012年3月までの1年間に、日本国内の宿泊施設に対して投稿された日本語以外の言語の口コミ評価をもとに、独自のアルゴリズムで分析し集計したというこのランキング。


   1位の「パークハイアット 東京」のほか、2位「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」(千代田区)、7位「ザ・キャピトルホテル東急」(千代田区)など、トップ20のうち8施設が東京都から選ばれた。次いで「料理旅館 白梅」(京都市)や「ホテル ムメ」(京都市)など京都府から5施設が、「アルペン ヴィラのざわ」(野沢温泉村)や「一茶のこみち 美湯の宿」(山ノ内町)など長野県から3施設がランクインしている。


都内とその他の宿泊料金には3倍以上の差

   今回のランキングでは、都内からランクインした8施設がすべて5つ星クラスの最高級ホテルで、うち7軒が外資系のグローバルホテルチェーンであるのに対して、その他のエリアでは中小規模の旅館やペンション、ブティックホテル、長期滞在型のサービスアパートメントなどが選ばれた。


   この結果、宿泊料金の平均も、都内の8施設が1泊あたり4万149円であるのに対して、都内以外の12施設の平均は1万1579円と、3倍以上の差がついた。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

旅行をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ