ウエルインベストメント出資先のSRI発ベンチャー企業LeoLabsが、シリーズBで6,500万米ドルの資金調達を完了し次のレーダー設置場所としてポルトガル領アゾレス諸島を選定

6月28日(月)9時16分 PR TIMES

ウエルインベストメント株式会社(以下、ウエルインベストメント)は、出資先であり地球低軌道における宇宙状況認識の商用データおよびサービスで世界をリードする米国のベンチャー企業LeoLabs, Inc.(以下、LeoLabs)が、この度シリーズBラウンドにて米国の著名ベンチャーキャピタルであるInsight Partnersをリード投資家として総額6,500万米ドル(約72億円)の資金調達を完了させたことをお知らせいたします。Insight Partnersは、ソフトウェア企業のスケールアップに強みを持つほか、LeoLabsの新たな社外取締役としてホワイトハウスでU.S. Deputy Chief Technology Officerを務めたNick Sinai氏を任命することとなっており、これらを背景に、今後LeoLabsはレーダーネットワークおよびSaaSプラットフォームの成長加速と米国等の政府機関との連携に注力して参ります。今回のラウンドでは、ウエルインベストメントの他、複数の既存投資家からの追加出資も行われました。今回の資金調達をもって、LeoLabsは累計1億米ドル(約110億円)以上の資金を調達したことになります。

また、LeoLabsは、今回の資金調達の目的のひとつでもある次世代レーダーのグローバルな展開を加速させていく次のステップとして、今年4月に稼働開始が発表されたばかりのコスタリカの次世代レーダーに次ぐ設置場所として北大西洋に位置するポルトガル領アゾレス諸島を選定しました。この新しいレーダーの追加によって、既存のレーダーネットワークの性能および抗堪性が向上され、世界で初めてとなる10 cm以下の微小な宇宙デブリを検出・追跡・カタログ化する能力が拡充されます。当レーダーは2022年前半の稼働開始を予定しております。

LeoLabsは、SRI International発ベンチャー企業として設立以降、今後急成長していく宇宙産業の安全を担保し、地球低軌道の軌道環境を保全するというグローバルなミッションを掲げて事業をスタートしました。そのグローバルなミッションを支援するべく、シリーズAではウエルインベストメントとAirbus Venturesを共同リード投資家とするグローバルなシンジケートを組成し、支援して参りました。LeoLabsは、現時点まで、世界各地で独自の宇宙レーダーネットワークの確立を進め、軌道上における衛星や宇宙デブリのデータプラットフォームとして日本を含めた各国の政府機関および民間企業に対してサービスを既に提供しております。2020年からは、世最大規模の衛星コンステレーションを運用しているSpaceXのStarlink衛星の打ち上げ時の追跡を担うなど、膨大な数の衛星の安全運用が求められる現場で必要とされるプラットフォームとなってきております。前回ラウンドの共同リード投資家として、ウエルインベストメントは、LeoLabsの今までの成果を評価すると同時に、新たに迎え入れた強力なパートナーと共に、更なる宇宙産業の持続的な発展のために引き続き支援して参ります。


ウエルインベストメント株式会社 代表取締役社長 瀧口匡氏

「2018年にLeoLabsのシリーズAラウンドにて共同リード投資家を務めさせて頂いてから3年間、同社がSRIで長年培われてきたレーダー技術を事業化して世界で初めてとなる宇宙状況認識の商用プラットフォームを立ち上げていく過程の中で、経営チームの実行力を非常に高く評価してきました。同社唯一の日本の投資家として、米国から羽ばたくボーングローバルベンチャーの成長をアーリーステージから支援してきたことと日本市場の開拓に共に取り組んで来られたことを大変嬉しく思います。今後、混雑化の一途を辿る軌道環境の中で衛星打ち上げのペースが加速している宇宙産業において、衛星の安全運用を担保するLeoLabsは、次世代の宇宙産業の基幹的存在になると確信しております。」


シリーズB資金調達に関するプレスリリース原文:
https://www.prnewswire.com/news-releases/leolabs-closes-65-million-financing-to-address-leo-data-deficit-301305225.html

アゾレス諸島の選定に関するプレスリリース原文:
https://www.prnewswire.com/news-releases/leolabs-selects-the-azores-as-site-for-its-next-space-radar-accelerates-presence-in-europe-for-leo-services-and-infrastructure-301313397.html


LeoLabs, Inc.の概要

[画像1: https://prtimes.jp/i/49758/10/resize/d49758-10-100238-0.png ]

会社名 :LeoLabs, Inc.
代表者 :Daniel Ceperley, Ph.D.
事業内容:独自の宇宙レーダーネットワークによる地球低軌道における衛星や宇宙デブリ等の常時監視ならびにSaaSプラットフォームを通した衛星安全運用のための軌道情報データおよびサービスの提供
URL :https://www.leolabs.space


ウエルインベストメント株式会社について

[画像2: https://prtimes.jp/i/49758/10/resize/d49758-10-505957-1.png ]

1998年に早稲田大学アントレプレヌール研究会を母体として設立された、大学系としては我が国で最も業歴の長いベンチャーキャピタルです。社内で独自のリサーチ部門を擁し、技術・産業テーマごとに仮説を組み立てることで、早稲田大学に限らず、東京大学、京都大学、スタンフォード大学などの有望な研究シーズを早期に発掘し、今までに数多くの投資育成実績を有します。2018年10月30日に株式公開を行なったVALUENEX株式会社等、グローバルな成長を目指すベンチャー企業を支援しており、投資先の20社以上が既に株式公開しています。

会社名 :ウエルインベストメント株式会社
代表者 :瀧口 匡(Ph.D.、早稲田大学客員教授、日本ベンチャー学会理事)
設立 :1998年6月
資本金 :461百万円
所在地 :東京都新宿区喜久井町65番地
事業内容:ベンチャーキャピタル及びそれに付随する支援業務
URL :https://www.weruinvest.com

関東財務局長(金商)第2585号
加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

PR TIMES

「ベンチャー」をもっと詳しく

「ベンチャー」のニュース

「ベンチャー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ