エクイニクス マイクロソフトのGold Cloud Platform コンピテンシー パートナーに認定 エンタープライズ企業がシームレスにオンデマンドでMicrosoft Azure and Office 365に接続

6月29日(木)11時30分 @Press

カリフォルニア州レッドウッド・シティ — インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開するエクイニクス(Nasdaq:EQIX、日本法人代表取締役 兼 北アジア統轄:古田 敬、以下 エクイニクス)は米国現地時間2017年6月22日、エクイニクスがマイクロソフトのGold Cloud Platform コンピテンシー パートナーに認定されたことを発表しました。これにより、エクイニクスのIBX(R) (International Business Exchange(TM))データセンターの利用ユーザーへマイクロソフトのハイブリッド クラウド サービス提供を強化していきます。

2014年にMicrosoft Azureへの直接接続サービスであるExpressRouteを開始して以来、北米、南米、アジア、ヨーロッパ、オーストラリアを含む5大陸のエクイニクスIBX(R)データセンターでは、ハイブリッドおよびマルチクラウドを導入するエンタープライズ企業の顧客が大幅に増加しています。現在、エクイニクスは、世界中の19市場にまたがるEquinix Cloud Exchange(TM)でMicrosoft Azureに直接接続しています。

エクイニクスは、マイクロソフトより、そのハイブリッド クラウド分野での実績が認められ、今回Gold Cloud Platform コンピテンシー パートナーに認定されました。ハイブリッド クラウドは、エンタープライズ企業のCIOにとって最優先事項となっており、IT市場の調査会社であるIDCの「2017年CloudView Survey」の中でも、約70%のクラウドユーザーが今後2年以内にIT機能の大部分はクラウドサービス(パブリック、プライベート、またはハイブリッド)を経由することになると予想しています。しかしながら、ハイブリッド クラウドへの過程には技術的な課題も存在します。エクイニクスはエクイニクス プロフェッショナルサービス(以下 EPS)およびEquinix Cloud Exchangeを介したMicrosoft Azureへの直接接続を通じて、クラウドサービスを既存アーキテクチャへシームレスに組み込み、エンタープライズ企業顧客のクラウドメリットの活用およびクラウド戦略の推進を支援します。


■発表のハイライト
・マイクロソフト認定Goldパートナーは、厳格な基準を満たす特定のパートナー企業に与えられる、マイクロソフトのパートナープログラムにおける最高レベルの認定資格です。認定パートナーであるエクイニクスは成功した顧客の導入事例を提供し、マイクロソフトのテクノロジーに基づいた革新的な製品とソリューションを開発し続ける必要があります。 エクイニクスは長年にわたってMicrosoftと提携し、Microsoft Azureへのインターコネクション(相互接続)とグローバルなアクセスを提供しており、今後もハイブリッド クラウド プラットフォームであるMicrosoft Azure Stackとインターコネクションサービスを統合させることにより、マイクロソフトのハイブリッド クラウド ソリューションにおける重要なパートナーとしての役割を拡大していきます。

・エクイニクスはハイブリッド クラウドで動作するアプリケーションとワークロードをビジネス価値に見合うよう最適化します。エクイニクスを活用しMicrosoft Azure とMicrosoft Azure Stackに直接、安全に接続することで以下のような利点があります。
1) 優れたアプリケーションパフォーマンスとユーザーエクスペリエンス
2) Microsoft Azureへのプライベート接続によりコンプライアンスを強化しインターネットを経由させることなくデータを使用する地域内のみで保持
3) インターネットを回避することで、クラウドのセキュリティを増強

・ エクイニクスは、EPSの実用的なサービスと実証済みのソリューションにより、顧客データセンターのアーキテクチャとクラウドを長期的な視野から支援します。エクイニクスのEPSは、ITインフラストラクチャ、ネットワーク、クラウドアーキテクチャのアセスメント、初期構築、移行、最適化、計画、設計、テスト、導入のすべての過程において、これまでの実績に基づいたサービスを提供します。

・ エクイニクスは、7月9日〜13日にワシントンで開催されるMicrosoft Inspireカンファレンスで、これらのインターコネクション ソリューションをご紹介します。


■コメント
<Bob Breynaert, エクイニクス グローバル・マネジメント・ディレクター マイクロソフト ストラテジック アライアンス>
「ハイブリッド クラウドは企業がビジネスを行う上で革新的な手段です。そしてエクイニクスは、世界規模で展開するハイパフォーマンスと拡張性、安全性を提供するハイブリッド クラウドソリューションにより、お客様に活力を与えることをお約束します。

そのためには、当社の巨大なデータセンタープラットフォーム内にあるMicrosoft Azure and Office 365へのインターコネクションは、重要な構成要素です。
私たちは、マイクロソフトよりGoldパートナーとして認定されたことを誇りに思うと同時に、グローバルで当社をご利用になるお客様のクラウドベースのアプリケーション パフォーマンスを向上するために、継続的な努力を続けてまいります。」


<Ryan Mallory, エクイニクス グローバル・ソリューション・イネーブルメント バイス・プレジデント>
「Gold Cloud Platform コンピテンシー パートナーのゴールド認定をいただき誇りに思っています。エクイニクスのハイブリッド クラウド、グローバルなインターコネクションプラットフォームとマイクロソフトの高品質なクラウドサービスを統合したサービスを提供することで、顧客にビジネス機会と、求められるニーズを満たすエンド ツー エンドのソリューションを提供できることを喜ばしく思っています。」


<Robert Mahowald, IDC グループバイス・プレジデント、アプリケーション&クラウド・ビジネスモデル>
「最近の調査では、企業IT部門がアプリケーションやワークロードをMicrosoft Azureなどのクラウド プラットフォームに移行するという傾向が顕著にみられ、これにより利用者は、コストとアプリケーションの両面でのパフォーマンスを享受しています。エクイニクスは、グローバル規模で低遅延かつセキュアな直接接続を提供しており、エンタープライズ企業がクラウドサービスへとスムーズに移行することを支援しています。」


■関連リンク
・Maximizing Cloud Impact - A New Paradigm for Connecting Clouds within the Enterprise[ホワイトペーパー]
http://www.equinix.co.jp/resources/whitepapers/ioa-maximizing-cloud-impact/

・Microsoft Azure Stack and Equinix Deliver the True Value of Hybrid Cloud to Digital Business[ブログ(英語)]
https://blog.equinix.com/blog/2016/12/15/7-bold-predictions-for-the-connected-enterprise/

・Learn more about Equinix and Microsoft [webサイト]
http://www.equinix.co.jp/partners/microsoft-azure/


■エクイニクスについて
Equinix, Inc.(Nasdaq:EQIX)は、世界で最もネットワーク密度の高いデータセンターにおいて、顧客企業、ならびにパートナー企業との間で、相互接続できる環境を提供しております。現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋における世界44都市において、世界の様々な企業にエクイニクス のインターコネクションプラットフォームをご利用いただいています。日本国内では東京都内 10カ所、大阪市内に1カ所のIBX(R)データセンターを運営しています。
詳細は、http://www.equinix.co.jp をご覧ください。


■将来の見通しに関する記述について
本ニュース・リリースには、リスクおよび不確実性を伴う将来の見通しに関する記述が含まれております。こうした将来の見通しに関する記述において言及されている予測と実際にもたらされる結果との間には、大幅な相違が生じる場合があります。そのような相違を生じさせる要因としては、IBX(R)データセンターの取得、運営および建設上の問題、Equinixのサービスに関する開発、設置、および提供上の問題、既に買収しており、または今後買収する予定の企業との統合に関連して発生する想定外の費用または問題、新たに開設ないし取得したデータセンターにおける顧客からの収益の大幅な欠如、適宜計画される資金調達の未完遂、既存の競合先ないし新規競合先との競争、キャッシュ・フロー余力の十分性あるいは未払負債ないし新規の負債を返済するための資金調達能力、主要顧客とのビジネスにおける損失あるいは減退、Equinix, Inc.が米国証券取引委員会に適宜提出する資料に記載されているその他のリスクが含まれますが、これらに限定されません。詳細については、Equinix, Inc.が米国証券取引委員会に提出した直近の四半期報告書および年次報告書をご参照ください(ご要望に応じ、Equinix, Inc.より入手可能です)。エクイニクスは、このニュース・リリースに含まれる将来の見通しに関する情報を更新するいかなる義務も負いません。

EquinixおよびIBXは、Equinix, Inc.の登録商標です。Platform EquinixおよびInternational Business Exchangeは、Equinix, Inc.の商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「マイクロソフト」をもっと詳しく

「マイクロソフト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ