「お寺×大学×ベンチャー」産学連携プロジェクト始動

7月1日(月)17時40分 PR TIMES

現代に求められる新たな“お寺”の在り方を学生が考える

2019/07/08(月) 17:00〜 港区 正傳寺にて学生が住職へプレゼン

Press release
[画像1: https://prtimes.jp/i/26610/11/resize/d26610-11-480962-0.jpg ]



お寺に新たな価値を創造し、心と体を整える空間と機会を創出する『お寺ステイ』を運営する株式会社シェアウィング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:佐藤真衣、雲林院奈央子URL:https://oterastay.com)と東洋学園大学(本部 東京都文京区本郷1-26-3 理事長:愛知太郎氏) 現代経営学部の2年次科目「企画・プレゼンテーション技法」(本庄加代子准教授)による産学連携プロジェクトが始動しました。
 舞台は港区にある「日蓮宗 松流山 正傳寺[しょうでんじ](港区芝1-12-12)」。東京観光の中心地、東京タワーにほど近いこのお寺で開催される外国人観光客向けイベント『OTERA STAY SHODENJI』を学生独自の発想で企画立案し、お寺の活性化を図るプロジェクトです。最終日には、正傳寺本堂にてご住職を前に学生が企画コンペを行い最優秀企画が決定されます。

【増え続ける廃寺。求められる“お寺”の新たな在り方。】

 日本に77,000以上存在するお寺。その内の30%以上が後継者不足に直面しており、今後消滅していくことが予測されています。社寺の持つ観光資源・空間資源・地域の資源を最大限に活用し、檀家に代わる新たなファンやコミュニティを形成することが全国の寺院存続のために求められています。
 産学連携の本プロジェクトを通し、大学生の多彩なアイデアを引き出し、正傳寺の活性化を目指します。
 
【お寺×大学×ベンチャー連携の経過と展望】

 今年5月、同大学授業でお寺の現状、求められる変化、「お寺ステイ」の取り組みを紹介したことに始まった本プロジェクト。6月には正傳寺ご住職を学生が訪問し取材を行いました。今後は、本堂でのプレゼンを経て、秋学期には広告・マーケティングの側面からも、さらに連携を深めて行く予定です。

【お寺ステイとは】

お寺ステイでは、日本の文化の象徴であるお寺がもつ素晴らしさを外国人や若い人たちに向け発信し、社寺で足を止め、ココロとカラダを整える「セルフクレンズ」体験の企画・提供を行っております。
今後は2020年までに100ヶ寺とのパートナー提携を目指しております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/26610/11/resize/d26610-11-925575-1.png ]


◆ 「日蓮宗 松流山 正傳寺」について
東京都港区芝1-12-12
JR浜松町・田町駅、都営大江戸線大門駅から徒歩約10分
境内に駐車場完備(2台分)
————————————————————————————
お寺ステイ/OTERA STAY : https://oterastay.com

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社シェアウィング 広報担当:雲林院(うんりいん)
電話:080-3490-6625 メールアドレス:pr@oterastay.com

PR TIMES

「ベンチャー」をもっと詳しく

「ベンチャー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ