京都の老舗米店の理想「外硬内軟」を目指したIHジャー炊飯器

7月2日(火)12時0分 J-CASTニュース

京都の老舗米店の理想を目指した「極上ひと粒炊き」新開発

写真を拡大

日立グローバルライフソリューションズは、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳 RZ-W100CM」を2019年7月6日に発売する。

1粒1粒を丁寧に炊き上げる



数多くの食通が認めるという京都の老舗米店「京の米老舗 八代目儀兵衛」が理想とする「1粒1粒しっかりとした食感で、噛むと甘みが広がる"外硬内軟(がいこうないなん)"」を目指し、独自の「極上ひと粒炊き」を新開発。最高1.3気圧の圧力と最高107度の高温スチームにより、ご飯1粒1粒を丁寧に炊き上げる。



独自の内釜「大火力 沸騰鉄釜」は、発熱性の高い鉄と伝熱性の高いアルミを採用したほか、底面に凸形状を設けることで効率よく発熱。ご飯1粒1粒に大火力の熱を伝えておいしく炊き上げる。



炊飯中の蒸気がほとんど出ない「蒸気カット」を実現。スライド式の棚の中など置き場所を選ばず使用できる。



炊飯容量は1.0リットル(5.5合)。自立式のコンパクトしゃもじ、計量カップが付属する。カラーはフロストブラック。



また、炊飯コースやスチーム保温の時間などの違うスタンダードモデル「ふっくら御膳 RZ-V100CM」も同時発売する。カラーはパールホワイト、メタリックレッド。



いずれも価格はオープン。

J-CASTニュース

「老舗」をもっと詳しく

「老舗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ