「墨田区」盛り上げにひと役 20年ぶり復刻の地サイダー

7月3日(日)16時7分 J-CASTニュース

当時のまま復刻した「オリジナルバージョン」(左)と「スカイツリーバージョン」(右)

写真を拡大

   東京の下町の地サイダーが、およそ20年ぶりに復刻——。その飲料「トーキョーサイダー」が、2011年6月20日から、墨田区内の飲食店や駄菓子店、商店などで販売されている。凝った特設サイトも立ち上がり、2012年に開業を控えている東京スカイツリーとともに墨田区を盛り上げていく。



腰に手を当てて飲みたい!



   「トーキョーサイダー」は、戦後間もない1947年、丸源飲料阿部商店(現・丸源飲料工業、東京・墨田区)が売り出した炭酸飲料。ラベルには、関東大震災や第2次世界大戦で被害を受けながらも耐え抜いた「旧両国国技館」がデザインされていた。「東京の復興のシンボル」として、地元で親しまれたという。



   ところが、販売数が落ち込んだことなどを理由に、1989年に販売を終了。その間、期間や数量限定で売り出したこともあったが、来年の東京スカイツリーの開業にあわせ、「墨田区を盛り上げたい」という思いとあいまって、「完全復刻」が決まった。瓶の形状やラベルなどを当時のまま復刻した「オリジナルバージョン」(340ml、250円)と、スカイツリーを模した円すい形が特徴的な「スカイツリーバージョン」(300ml、380円)がある。



   発売から数日経つが、担当者は「店によって(卸している)数量が異なるものの、発売日の午前中で売り切れてしまった店、品薄だという店もある」と言い、評判は上々のようだ。商品は、墨田区内にある飲食店や駄菓子店、商店など約50店で購入でき、電話やインターネットでの販売は扱っていない。



芋焼酎で割るとカクテルのよう




「オススメは(トーキョーサイダーを)キンキンに冷やして、腰に手を当てて飲むスタイルでしょうか。また、芋焼酎で割って飲むと、カクテルのようになっておいしいですよ。サイダー片手に墨田区内の町歩きも楽しんでほしい」


   「トーキョーサイダー」の公式webサイトも公開している。「単なるレトロにはしたくなくて、近未来を意識した」というサイト内は、アニメ調のイラストが使われており、オリジナルキャラクターの源(ゲン)、親父、彼女の3人が活躍するオリジナルwebマンガ「トーキョーサイダー物語」も掲載しPRに一役買う。



   また、ツイッターやフェイスブックでも情報を発信するとともに、サイト内では「トーキョーサイダー」と一緒に撮った写真の投稿も募集中だ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「復刻」をもっと詳しく

「復刻」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ