煌めく雅な祭をイメージしたパッケージで、1150年目の祇園祭を楽しもう。祇園祭限定デザインセット、「前祭」「後祭」の2種類で7月1日より販売開始!

7月4日(木)16時40分 PR TIMES

株式会社祇園辻利(本社:京都市東山区)は、今年も祇園祭の始まる7月1日より、「祇園祭セット -前祭-」「祇園祭セット -後祭-」を限定にて販売いたします。今年は、冷水で簡単に冷茶を楽しめる「水出し冷煎茶」と、人気のお菓子「つじりの里」をセット。パッケージ違いの2種類で販売いたします。

前祭(7月17日)と後祭(7月24日)をイメージした2つの鉾をデザインした限定パッケージです。
きらきらと煌めくパッケージで、駒形提灯に彩られた宵山を表現しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11317/158/resize/d11317-158-587255-0.jpg ]



商品概要

商品名:祇園祭セット 前祭 / 後祭
価格 :各1,188円(税込)
販売期間 :2019年7月1日〜7月31日(予定)
セット内容:
・水出し冷煎茶(5g×7袋)
・つじりの里 8本

販売店舗:祇園辻利本店、祇園辻利八条口店
※店舗にて品切れの際はご容赦ください。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。


公式SNS

宇治茶一筋、京都祇園にお店を構えて71年の「祇園辻利」と、良質な宇治抹茶を贅沢に使った抹茶スイーツをご提供して41年「茶寮都路里」の公式SNSです。
商品や最新メニュー、祇園の風景などをアップしていきます。たくさんのフォローやいいねをお待ちしています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11317/158/resize/d11317-158-122062-1.jpg ]

■Facebook
https://www.facebook.com/giontsujirisaryotsujiri/
■Instagram
https://www.instagram.com/giontsujirisaryotsujiri/


祇園辻利について


[画像3: https://prtimes.jp/i/11317/158/resize/d11317-158-555906-2.jpg ]

祇園辻利の歴史は、1860年(萬延元年)、屋号を初代・辻利右衛門の名より「辻利」とし、宇治(現・京都府宇治市)にて宇治茶の製造と販売を開業したことに始まります。
のちに京都・祇園を礎とすることから、「祇園辻利」と改名いたしました。古くより不老長寿のために珍重されてきたお茶は、心身にゆとりと安らぎを与える一 服の贈りもの。お茶の豊かな味わいと愉しみをお届けすることで、人々の健やかな日々と日本の伝統文化の継承に貢献してまいります。

社名 株式会社祇園辻利
所在地 本社:京都市東山区小松町11-5
本店:京都市東山区祇園町南側573−3
代表者 代表取締役三好正晃
事業内容 宇治茶・抹茶菓子販売
webサイト https://www.giontsujiri.co.jp
オンラインストア https://www.kyoto-wel.com/shop/S81095/

※本プレスリリースに記載されている内容は発表時点の情報です。
予告なしに予定が変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。

PR TIMES

「祇園」をもっと詳しく

「祇園」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ