第一話のストーリーや、アドベンチャーパートの詳細を紹介 PS4(R)『新サクラ大戦』ゲーム情報第2弾を公開

7月4日(木)23時40分 PR TIMES

株式会社セガゲームスは、今冬発売予定のPlayStation(R)4用ソフトウェア『新サクラ大戦』につきまして、ゲーム情報の第2弾を公開いたしました。
■参考:ゲーム情報第1弾:https://sega.jp/topics/190419_1/

■『新サクラ大戦』とは
『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャーです。
メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏を起用。これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけます。そしてストーリー構成には、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウ氏を迎えました。
セガが総力を挙げてお届けする本作に、ぜひご期待ください。

■ストーリー紹介:第一話「新たなる風」

[画像1: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-305143-1.jpg ]

太正二十九年。ひとりの男が帝都・東京の銀座に降り立つ。
彼の名は「神山誠十郎」。
海軍士官学校を優秀な成績で卒業後、海上で特務艦任務に出ていたが、左遷させられるように陸上任務に回された。

「ここが目的の場所か……大帝国劇場……劇場?」
[画像2: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-287211-2.jpg ]

約束の場所である大帝国劇場に着いた神山は、そこで「天宮さくら」に出会う。
さくらは10年ほど前に一緒に遊んだ、幼馴染の「さくらちゃん」だった。
彼女は、かつて帝国華撃団・花組でトップスタァだった「真宮寺さくら」にあこがれた「夢」を追い、花組に入隊していた。
[画像3: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-632845-3.jpg ]

支配人の「神崎すみれ」より、この場所が帝国華撃団の本拠地であること、神山の新たな任務が「帝国華撃団・花組の隊長となること」だと告げられる。伝説の花組隊員であるすみれに会うことができ、感動する神山。
しかし、詳しく聞くと、花組は以前のような栄光の歴史はどこへやら、予算もなく、人材もなく、帝都の防衛もおぼつかない。すみれはそれを立て直せというのだ。神山は難しいと思いながらも任務を受ける。

[画像4: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-707086-4.jpg ]

「東雲初穂」「クラリス」といった個性的な隊員に出会い、花組の現状を確認する神山だが、ボロボロの設備にメチャクチャな公演。整備の行き届いていない時代遅れの霊子甲冑……さらに、神山に支給されるはずの最新鋭機である霊子戦闘機もまだないという状況で、「こんな状態で本当に立て直せるのか」と悩む日々を過ごすのだった。

[画像5: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-556417-5.jpg ]

ある日、花組に重大な通達が届く。それは、実績を出さなければ、帝国華撃団は解散になるというものだった。「そんなの無理だ」「できるわけがない」とあきらめムードの初穂とクラリス。
そして神山も言う。「仕方ない……」と。さくらはそんな神山に激昂する。

そのような中、10年前の「降魔大戦」以降まとまった数の敵が出現したことがない帝都に、多数の「傀儡機兵」が襲来する。
[画像6: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-269502-6.jpg ]

花組は霊子甲冑で出撃し敵の迎撃に成功するが、何者かにより展開された、霊力を喰う空間「魔幻空間」に帝劇周辺が飲み込まれてしまう。

[画像7: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-814787-7.jpg ]

魔幻空間の降魔を撃退し、脱出に成功した帝国華撃団だったが、突如現れた降魔の存在に、すみれの顔色は優れなかった。

■アドベンチャーパートについて
本作では「アドベンチャー」と「バトル」を繰り返し、ヒロインたちとの絆を育んでいく。今回はアドベンチャーパートを紹介。

・イベントについて
[画像8: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-528847-8.jpg ]

アドベンチャーパートでは、ストーリーの合間に「イベント」が発生し、帝劇内や銀座の街を自由に移動することができる。神山を操作しイベントを進めることで、さらにストーリーが進行する。

・イベントの進め方
[画像9: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-964225-9.jpg ]

マップを自由に歩き回り、イベントを進めよう。

[画像10: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-953586-10.jpg ]

イベントの目的地や目的のキャラには緑色の「!」が表示される。
メインイベントを進めるだけでなく、サブイベントを発生させたり、マップ中のオブジェクトを調べたりすることもできる。
[画像11: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-683923-11.jpg ]

光るポイントでは、イベントを進めるための手がかりやブロマイドなどが入手できる。
また、メインイベントで次におこなうべき行動は、画面右上に表示される。

・時間制限イベント
[画像12: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-293550-12.jpg ]

ときには、クリアに時間制限のあるイベントも発生する。
ゲージの示す制限時間内にキャラクターに話しかけたり、情報を集めたりしてイベントをクリアしよう。

・LIPS(リップス)※Live&Interactive Picture System
[画像13: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-658755-13.jpg ]

『サクラ大戦』シリーズおなじみのLIPS(時間制限式選択肢)も健在。
選んだ回答によって相手の信頼度やシナリオが変化するので、慎重に選択する必要がある。また、時間切れは「はずれ/失敗」ではなく、選択肢のひとつ。考えながら回答を選ぼう。

・アナログLIPS
[画像14: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-483556-14.jpg ]

回答時に左スティックを上下に入力することで、返す言葉のニュアンスが調節可能に。答えかたは同じでも、強い答えなのか、弱い答えなのかで展開が変化する。シーンによっては、入力に連動してカメラが動く、3Dならではの演出も。

■ロケーション紹介:大帝国劇場
本作のメインとなる舞台、「大帝国劇場」の内部を紹介。
[画像15: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-392768-15.jpg ]

・1階ロビー
大帝国劇場の正面玄関を入ると、ロビーが。左手には売店があり、通路の先には食堂がある。

[画像16: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-500922-16.jpg ]

・劇場内部
大帝国劇場のメイン施設である劇場の内部。古めかしさはありつつも、荘厳な雰囲気で、花組の公演が行われる場所。

[画像17: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-613373-17.jpg ]

・中庭
大帝国劇場の中庭。中央の池には、超大型の「霊子水晶」が鎮座している。

[画像18: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-301993-18.jpg ]

・支配人室
神崎すみれの執務室。すみれが支配人になり内装も変更が加えられているが、「帝国華撃団」の額縁は変わらず残っている。

[画像19: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-294389-19.jpg ]

・神山の部屋
2階にある神山の私室。以前の花組隊長が使っていた部屋を受け継いでいる。

・大浴場(脱衣所)
帝劇地下にある大浴場の脱衣所。ここではどんなことが……

・地下格納庫
三式光武や無限といった霊子兵装を格納、整備するための地下格納庫。

※・大浴場(脱衣所)と・地下格納庫の画像にご興味のある方は以下からDLお願い致します。
https://prtimes.jp/a/?f=d5397-20190703-6796.pdf

■『新サクラ大戦』について
『新サクラ大戦』は、架空の「太正時代」の帝都・東京を舞台に、悪と戦う「帝国華撃団」の活躍を描くドラマチック3Dアクションアドベンチャーです。
メインキャラクターデザインには「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された漫画『BLEACH』の作者として知られる久保帯人氏を起用。これまでのシリーズでも多数の楽曲を提供してきた田中公平氏が音楽を手がけます。そしてストーリー構成には、ゲーム・TVアニメ・映画とメディアの枠を超えて活躍するイシイジロウ氏を迎えました。
セガが総力を挙げてお届けする本作にぜひご期待ください。

■「帝国華撃団・応援組」募集中!
「帝国華撃団・応援組」は、「サクラ大戦」シリーズの公式応援団です。応募フォームよりご登録いただいた方に、今冬発売予定の『新サクラ大戦』をはじめとした、「サクラ大戦」シリーズの最新情報をメールでお届けいたします。さらに『新サクラ大戦』の発売日以降に、「オリジナルPS4(R)用テーマ」がダウンロードできるプロダクトコードをお送りする予定です。
そのほかにも、最新情報の先行公開など「サクラ大戦」シリーズに関するさまざまな特典を準備しておりますので、ぜひ「帝国華撃団・応援組」へのご登録をお願いいたします。
登録フォーム:
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=odke-shles-6e8345e1ed7a8a42f99a876fbfac06f9

【 商品概要 】
商品名 : 新サクラ大戦
対応機種 : PlayStation(R)4
発売日 : 今冬 発売予定
価格 : 未定
ジャンル : ドラマチック3Dアクションアドベンチャー
プレイ人数 : 1人
発売・販売 : 株式会社セガゲームス
CERO表記 : 審査予定
著作権表記 : (C)SEGA
公式サイト: http://sakura-taisen.com/game/shin-sakura/
公式Twitter: https://twitter.com/Sakura_Taisen
メインキャラクターデザイン:久保帯人
音楽:田中公平
ストーリー構成:イシイジロウ
原作:広井王子
[画像20: https://prtimes.jp/i/5397/2776/resize/d5397-2776-572848-0.jpg ]

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

PR TIMES

「サクラ大戦」をもっと詳しく

「サクラ大戦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ