〜強豪が続々勝ち上がリ盛り上がりを見せるテニスの国際大会〜 ブッキング・ドットコムがテニス4大大会に焦点を当てたテニス好き必見「グランドスラム級」宿泊施設6選!

7月5日(金)0時40分 PR TIMES

数々のユニークな宿泊施設と人々を繋げる世界最大級の宿泊予約サイト Booking.com の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)が世界各地の旅行者を対象に行った最近の調査の中で、24%が「今年はスポーツイベントや体験を絡めた旅行を計画している」と回答したことを受け*、ブッキング・ドットコムは、今まさに盛り上がりを見せるテニスの4大大会にちなみ、15万2,000の目的地・2,900万以上のリスティング(掲載室数)の中からテニスファンにおすすめの旅行先**をピックアップしました。

実際の試合を観戦することはできなくても、滞在先で「グランドスラム級」のひとときが過ごせること間違いなしの宿泊施設を最新のクチコミスコア***とともにご紹介します。

パームデザート(アメリカ)
南カリフォルニアのコーチェラ・バレー中心部に位置するパームデザートは、流行最先端のアートギャラリーやライブエンターテインメント、有名テニスクラブを擁する活気溢れる街です。また、マスターズが開催される場所でもあるため、ブッキング・ドットコムユーザーがテニスでおすすめする目的地の上位に入っています。コーチェラ・バレーの穴場として知られるパームデザート・テニスクラブは年間を通して人気があり、ウィンブルドンの決勝進出者、ビバリー・フレイツが創設したクラブで、20エーカー(約8ヘクタール)もの広大な敷地であらゆるレベルの人に対応したレッスンやゲーム、リーグを開催しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-712606-0.png ]


おすすめの滞在先:パームデザート・テニスクラブから車ですぐのホテルパセオは、アクティブに動きたい、でもラグジュアリーなステイも楽しみたいという人に最適。近くのテニスクラブでテニスマッチを楽しめるのはもちろん、ホテル内にもフィットネスセンターやテニスコートがあり、一汗かいたあとはスパラウンジでリラックスすることができます。旅行を計画するとき、「プールやフィットネスルーム、スパ、フードサービスが館内に備わっている宿泊施設を探す」と回答した35% の旅行者*にぴったりの一軒です。
(クチコミスコア:10点満点中9.5点を獲得)

ウマグ(クロアチア)
クロアチアは毎夏ATPのトーナメントが開催される場所ということもあり、ブッキング・ドットコムユーザーからテニスで人気の目的地のひとつとなっています。地中海の温暖な気候のおかげで、一年中テニスを楽しめるのも嬉しいポイント。クロアチアテニス協会の地区拠点、イストリアにあるウマグ・テニスアカデミーは、試合やレッスン用に26面のテニスコートを提供しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-102441-5.png ]


おすすめの滞在先:ウマグ・テニスアカデミーから車ですぐ、またATPのトーナメントが開催されるATPスタジアムからも徒歩数分のメリア・イストリアン・ヴィラズ・フォー・プラヴァ・ラグーナは、テニスファンには最高の立地。広々として快適なヴィラは海岸沿いにあり、敷地内にはテニスコートもあります。
(クチコミスコア:10点満点中8.4点を獲得)

ニューヨーク(アメリカ)
フラッシング・メドウズ・コロナ・パークや、全米オープンがクイーンズで開催されることからブッキング・ドットコムユーザーがテニスでおすすめする目的地のひとつとして選ぶニューヨーク。ひととおり観光したら、街の象徴、セントラル・パークの93rdストリートにあるテニスセンターでテニスマッチをしてみるのもおすすめです。
[画像3: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-495265-2.png ]


おすすめの滞在先:セントラル・パークのテニスセンターからほど近くにあるホテルビーコンは、スイートルームを含む多様なお部屋を提供する静かで心地よいホテル。自炊を希望する場合は、スイートに宿泊すれば室内のフルキッチンを利用できます。周辺にはレストランも数多くあるので、外食したい派にもおすすめの宿泊施設です。
(クチコミスコア:10点満点中8.9点を獲得)

イーストボーン(イギリス)
イーストボーンのグラスコートで開催される大会には、今まさに開催中のウィンブルドン選手権に向け、世界の名だたるテニスプレイヤーたちが肩慣らしも兼ねて出場することで知られています。その他国際大会や無料のイベント、テニスマッチも年間を通し多く開催されています。試合観戦にも、周辺の雰囲気をただ味わうのにも良い場所で、テニス好きの旅行者が高く評価しているのも納得です。
[画像4: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-959777-4.png ]


おすすめの滞在先:デヴォンシャー・パークを見下ろすラビリオウスは、テニス愛好家にぴったりのB&B。海岸沿いにあるヴィクトリア朝の家を改修した宿泊施設で、館内に広がるユニークなデザインとアートが特徴的です。朝食には、手作りのイングリッシュブレックファーストを提供しています。
(クチコミスコア:10点満点中9.4点を獲得)

メルボルン(オーストラリア)
全豪オープンが開催されるオーストラリアも、ブッキング・ドットコムユーザーから高い人気を集めている都市のひとつ。同大会は1月に開催され、その年のテニスシーズンの幕開けを飾る大会です。市内中心部にあるメルボルン・パーク(競技場)は、3つのアリーナに43面ものテニスコートを擁しています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-134191-3.png ]


おすすめの滞在先:メルボルン・パークのアリーナからわずか徒歩15分の381クレモルネ・アパートメントはテニスファンにぴったりの滞在先。アパートメントの多くがパークを見渡せるバルコニー付きで、設備の整ったお部屋内のキッチンで自炊をすることもできます。
(クチコミスコア:10点満点中9.1点を獲得)

パリ(フランス)
テニスより他の要素で人気を集めがちなパリですが、4大大会のひとつである全仏オープン開催時には世界中から多くの人が訪れます。滞在中スポーツ史に触れたいなら、ローラン・ギャロスの敷地内にあるテニス博物館がおすすめ。また多くの人が利用する駅の上に作られたユニークな空中庭園、アトランティック庭園にはテニスコートもあり、マッチを楽しむこともできます。
[画像6: https://prtimes.jp/i/15916/190/resize/d15916-190-293336-1.png ]


おすすめの滞在先:ホテルホーム・パリ16は、グランドスラム観戦に来たゲストが自宅のようにくつろげる空間を提供するアパートホテル。周辺を散歩したり、テニス競技場のスタッド・ローラン・ギャロスから電車やバスに乗って観光に出るのに最適のロケーションです。また託児サービスも提供しているので、テニス観戦に連れて行くのがまだ難しい小さなお子様連れでも安心です。
(クチコミスコア:10点満点中8.5点を獲得)

*調査はブッキング・ドットコムによって、世界31の市場で合計5万3,492名を対象に独自に行われたものです。アンケート回答者については、18歳以上であり、過去12ヶ月のうち1回以上旅行をし、旅行に関する決定をした主要な人物またはその決定に関与した人物であることが条件でした。本アンケートは、2018年10月16日〜11月12日にオンラインで実施されました。

**おすすめの旅先は、過去にその目的地を訪れたことのある、世界各地のブッキング・ドットコム・ユーザーからのおすすめデータをもとに選出されています。「テニス」のカテゴリーで少なくとも50回以上おすすめされている目的地の中から、おすすめ回数の特に多いものが本記事に掲載されています。

***クチコミスコアは過去2年間(2017年6月〜2019年6月)に集計されたユーザーの各カテゴリー(清潔さ、快適さ、施設・設備、スタッフ、お得感)の点数を合計し、その合計点をもとに算出しています。

###
ブッキング・ドットコムについて
1996 年にアムステルダムにて設立。Booking Holdings Inc.(NASDAQ:BKNG)の一部であり、現在世界70 カ国に 198 のオフィスを設け、17,500 人以上の従業員を擁しています。 旅の総合的な体験を提供するという『Empower people to experience the world』を企業理念に掲げ、思い描いた旅を簡単に実現できるようAIを含めたテクノロジーを開発・導入しています。世界最大の宿泊施設数を提供しており、229の国と地域にある
15万2,000以上の旅行先に登録されているリスティング(掲載室数)は2,900 万室以上。その中の約600万室は、別荘やアパートメントなどの多種多様な宿泊施設を掲載しています。毎日150万室以上がウェブサイトとモバイルアプリで予約されており、24 時間体制で 43 言語によるカスタマーサポートを提供しています。

PR TIMES

「テニス」をもっと詳しく

「テニス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ