愛知・豊田市足助地区 夏の風物詩!700基以上の行灯を重伝建の町並みに設置 『たんころりんの夕涼み』、8月4日から15日まで開催

7月6日(金)13時0分 @Press

愛知県豊田市足助地区では、夏の風物詩として700基以上の竹かごと和紙で作った行灯「たんころりん」が足助の古い町並みに設置される『たんころりんの夕涼み』を2018年8月4日(土)〜15日(水)までの期間で実施いたします。
「たんころりん」の優しい灯りが、古い町並みにぽつりぽつりと続き、町かどではミュージシャンの演奏が響く、風情ある催しとしてお楽しみいただけます。
また、『たんころりんの夕涼み』開催期間中は、同地区において『足助川万灯まつり』や『花火大会』など他夏まつりイベントも実施されます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/160436/LL_img_160436_1.jpg
ポスター

■たんころりんの夕涼み 概要
『たんころりんの夕涼み』は、2002年(平成14年)に始まりました。開始当初は気の合う仲間が集まって10基ほどの行灯を作ったのが始まりでしたが、年々仲間が増え、地区の人々が行灯の数を増やし、今では700基を超える大イベントとなりました。
優しい灯りと風情ある町並みをご堪能いただけます。

イベント名: たんころりんの夕涼み
日時 : 2018年8月4日(土)〜15日(水)
場所 : 愛知県豊田市足助町(足助重伝建の町並み一帯と香嵐渓)
アクセス : 東海環状線「豊田勘八IC」より15km
URL : https://www.tourismtoyota.jp/spots/detail/754/

■たんころりんとは…
竹かごと和紙で作った円筒形の行灯のこと。『たんころりん』というかわいらしい名前は灯りの元となる『ひょうそく』という道具の形がひょうたんの形に似ていることからその昔、『ひょうたんころりん』とか『たんころ』と呼ばれていましたが、今ではこの竹かごとひょうそくを合わせて地元住民から『たんころりん』と呼ばれています。


■同時開催イベント
名称 :越中八尾おわらinあすけ(初開催)
開催日:8月13日(月)
時間 :18:00〜20:45
場所 :西町〜新田町
内容 :越中八尾おわら道場による西町〜新田町まで流し踊りを行います。

名称 :足助川万灯まつり
開催日:8月13日(月)、14日(火)
時間 :<13日>18:00〜21:00
<14日>18:30〜21:15
場所 :足助川遊歩道
内容 :足助の町並み沿いを静かに流れる足助川の遊歩道に約5,000個のロウソクが並べられます。川を縁取るかのようにロウソクが並ぶ光景はとても幻想的です。

名称 :花火大会
開催日:8月14日(火)
時間 :20:30〜21:15

名称 :地蔵まつり・灯篭流し
開催日:8月15日(水)
時間 :<地蔵祭り・灯篭流し受付開始>18:00〜 <灯篭流し>18:30〜20:00

名称 :金魚花火
開催日:8月15日(水)
時間 :19:15〜
場所 :香嵐渓の巴川


【一般社団法人ツーリズムとよた 概要】
商号 : 一般社団法人ツーリズムとよた
代表者 : 会長 太田 稔彦
所在地 : 愛知県豊田市小坂本町1丁目25番地
設立 : 2017年2月
事業内容: 愛知県豊田市の観光振興
URL : https://www.tourismtoyota.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「風物詩」をもっと詳しく

「風物詩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ