駅弁が根付く台湾で気づいた日本の「白ごはん」の魅力

7月7日(土)13時0分 Forbes JAPAN

さまざまな国の長距離列車に「車内食」や「車内販売」の弁当があるが、各駅の構内で買える「駅弁」はあまり見かけない。駅弁は旅情や旅先の風景とともに食べる日本ならではの文化なのだ……と思っていたら、なんと台湾にも駅弁があった。台湾の駅弁文化は、日本統治時代の影響で根付いたそうだ。

お米ライターとして、日本や海外のお米事情を取材している私は、日本の駅弁との違いや、お米ライターとして最も気になる台湾米の味を確かめようと、台北に飛んでみた。

ごはんに対するおかずの位置

台湾人に親しまれている弁当店に「臺鐵弁當(たいてつべんとうほんぽ)」という店がある。台湾各地の主要駅に店舗を構えており、台北市の「台北車站」駅では構内に3店舗あるが、時には行列ができるほどの盛況ぶりだ。

台湾は肉料理ばかりという印象だったが、宗教上ベジタリアン(素食)が一定層いるため、この店では動物性タンパク質を一切使っていない「素食弁當」も販売されている。最近になって日本の駅弁でも「菜食弁当」が発売されたそうだが、ベジタリアン仕様の駅弁は台湾が先進だ。

鐵弁当本舗では、白ごはんの上に野菜炒め、きんぴらごぼう、甘辛く煮た湯葉や生麩などが乗った弁当と、雑穀ごはんの上に野菜炒め、塩茹でしたキノコやこんにゃくや豆、大豆やナッツやゴマのでんぶなどが乗った弁当を買ってみた。



食べてみると、ボリューム感がある見た目や八角の香りとは裏腹に、意外に味付けが薄め。「台湾の料理は肉が多く、味付けが濃く、油っぽい」というイメージが覆された。素食弁当だからかと思ったが、台北で駅弁屋を展開している日本人社長も「台湾の料理は味付けが薄く感じる」と言っていた。おかずの味付けが薄いためか、積極的にごはんが進まない。

臺鐵弁當本舗のメニューを見ると、どれもごはんの上におかずが乗っている。日本の弁当は幕の内弁当を始め、ごはんとおかずが仕切られている弁当が多いが、ここにはそうしたメニューは1つもない。

やはり、日本のようにごはんを「白ごはん」として食べる文化は世界的にめずらしいのだろう。東南アジアでは、ごはんを主食としている国であっても、ごはんにおかずを”ぶっかける”スタイルが主流だ。あるいは、白ごはんであっても主食という概念ではなく添え物になっている。

東京・新橋の懐石料理店の店主が「外国人客は、料理はおいしいと食べてくれるけど、最後に出す白ごはんは残されてしまう」と言っていた。また、香港に米を輸出している山形県の農家は「現地の日本料理店のコース料理の締めのごはんは、炊き込みごはんが主流」と言っていた。

ごはんに対するおかずの位置は、日本の弁当と台湾の弁当の決定的な違いだ。

ほかほかごはんと冷めたごはん

もう1つの大きな違いは、台湾の駅弁は温かいということ。日本では冷めた駅弁は当たり前だけど、台湾では温かい駅弁が好まれるため、駅近くで製造しているそうだ。購入後すぐ食べるか、温め直して食べるのが一般的らしい。

台湾人は、ごはんが冷たいとひもじいと感じるそうだ。日本でも”発熱する仕組み”のある弁当など、ほかほかごはんのニーズもあるが、「冷めてもおいしいごはん」を楽しむのが本来の駅弁。日本人は習慣的に冷めたごはんも楽しむことができる。

台湾の弁当は特に気にせず冷めてから食べていたが、冷めたごはんは硬めで食べにくく、食感も少し粉っぽかった。おそらく、冷めた想定で作っていないのだ。白ごはんが進まなかったのは、薄味のおかずだけでなく、こちらも一因かもしれない。

日本に住む台湾人の知人に聞いても、「台湾のごはんはだいたい軟らかく、小さいころから軟らかいごはんを食べていた。硬いごはんは好きじゃない」と言う。郷に入っては郷に従え。やはり、台湾の弁当は温かいうちの食べるのが正解なのだ。

台湾の「魚沼産コシヒカリ」



さらに台湾人好みのごはんを知るために、現地で「お米がおいしい」と評判の「池上弁當」を食べてみることにした。ここは、台北の米どころである池上郡で育った「池上米」を使っている。

池上米は、言わば日本の魚沼コシヒカリのような位置づけ。この池上弁當が池上郡の駅弁屋発祥で、現在は台湾各地の街中に店舗がある。多くの店は店内調理でイートイン席もある。台北市内で訪れた池上弁當の店は、壁にずらりと並ぶ40種類もの木札の品書きが圧巻だった。

現地の鮭弁当、「鮭魚飯」を注文。目の前で木製の弁当箱に、ごはん、その上に野菜炒めや煮玉子、切り昆布の炒め物などのおかずを乗せ、最後に焼き鮭ならぬ揚げ鮭の切り身を乗せて完成だ。イートイン席ですぐに弁当を開いた。できたてのごはんは硬すぎず、軟らかすぎず、程よい食感。



とは言え、冷めたらやはり同じでは……と思い、池上米を購入して日本の炊飯器で炊いてみた。すると、冷めても硬くならず、塩むすびでもおいしかった。

日本人がごはんを単品で楽しめるのは、「お米がおいしいからだ」と言う日本人は多い。しかし、少なくとも私が炊飯して食べた池上米は、冷めた白ごはんでも十分おいしく、日本人が抱きがちな「日本米はおいしい」「外国米はおいしくない」というのはステレオタイプだと身を以て感じた。

では、世界で日本米や日本米食文化はどんな可能性があるのだろうか? 次回から紹介していきたい。

Forbes JAPAN

「駅弁」をもっと詳しく

「駅弁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ