カルピス100周年 モンゴルの草原で語り継がれる誕生秘話

7月7日(日)7時0分 NEWSポストセブン

国民的飲料はモンゴルに誕生のきっかけがあった(100周年新CM発表会。時事通信フォト)

写真を拡大

 2019年7月7日、日本初の乳酸菌飲料カルピスは100回目の誕生日を迎えた。大正、昭和、平成、そして令和と時代が変わっても愛される国民飲料であるが、そのルーツは意外なほど知られていない。『カルピスをつくった男 三島海雲』著者の山川徹氏が、取材のために誕生の地・モンゴルを訪れた際のエピソードを綴った。


 * * *

 草原で、1本の連絡を待っていた。


 2016年6月下旬、私はカルピスのルーツを辿り、中国の内モンゴル自治区南東部のヘシクテン旗にいた。旅の途中に知り合ったモンゴル人歴史学者が、カルピス誕生の鍵を握る一族の末裔を知っているという。


 紹介されたのが、遊牧を営む86歳のボインイブゲルだった。白いヒゲを蓄えた彼は、孫が暮らす集合住宅で待っていた。


「私は三島さんに直接会ったことはありません。でも曾祖母や使用人が幼い私にまるで昔話を語るように、三島さんの思い出を話してくれました。曾祖父とはまるで兄弟のように仲がよかった。彼はたくさんの遊牧民に愛された人だったのです」


 三島とは、のちのカルピスの、いや日本における乳酸菌飲料の父となる三島海雲である。


 ダイニングの壁には古い写真が貼られていた。そのなかに100年以上前、三島がモンゴル貴族と撮影されたとされる新聞記事の切り抜きもある。


 三島が中国大陸にわたったのは、日露戦争前の1902年のことである。


 北京の学校で日本語教師として教壇に立ったあと、彼は日本の雑貨などを扱う会社を立ち上げた。ちょうどそのころ日露戦争が勃発する。日本の軍馬不足を知った三島は、北京の北方に広がる草原に目を付けた。そこが、当時、正確な地図もつくられていなかったモンゴル高原だった。


軍馬の調達で草原を旅した三島は、1つの疑問に導かれて北京とモンゴル高原を行き来しはじめる。


 チンギスハーンの時代、遊牧を営むモンゴル人は、なぜユーラシア大陸を席捲できたのか。彼らの生命力の源はどこにあるのか。三島は、医師に長くは生きられないと言われるほど、病弱な子どもだった。だからこそ、モンゴル人の活力にことさら魅力を感じていたのだ。



 旅の途中、三島はモンゴルの有力貴族であるパオ氏のゲル(組み立て式の家)で歓待を受けた。食卓には見たことがない食べ物が並ぶ。遊牧民が毎食欠かさず口にする乳製品である。食べ続けると、長年悩まされていた頭痛がウソのように消え、食欲もわく。これが、モンゴル人が持つ生命力の源泉だと直感した三島は、モンゴル伝統の乳製品の研究に取り組みはじめた。


 このパオ氏の末裔が、ボインイブゲルだったのである。再び彼の言葉に耳を傾けよう。


「三島さんは乳製品をつくる曾祖母に『何分間、火をかけるのか?』『なにをどれくらい入れるのか』ととても細かく聞き、メモを取っていたそうです。ある日、曾祖母が料理の途中に席を外すと、三島さんが代わりにつくっていたこともあった。また三島さんは曾祖父がプレゼントした馬で、毎日草原を散歩していました……。三島さんが帰国したあと、日中戦争がはじまると、家族は、三島さんは大丈夫だろうかと心配していました。三島さんを直接知らない私にとっても、とても身近な人なのです」


 日本に三島の人となりを知る人はほとんどいない。だが、カルピスのふるさとモンゴル高原では、遊牧民と友情を育んだ三島について、いまも語り継ぐ一族がいるのである。


 パオ氏に乳製品の製法を学んだ三島は、帰国し、試行錯誤の末にカルピスを開発する。



 発売日は、1919年の七夕──。カルピスのパッケージは、白地に青の水玉模様。天の川をイメージしたデザインだ。自伝などで三島は、戦後間もないころ、富士山麓で目にした、空の色から水玉模様の着想をえたと振り返っている。


 後年、三島はまるでふるさとを思い出すかのように、モンゴル高原について語ったという。彼が96年におよぶ人生を終えたのは、1974年。その長い足跡を追うと、カルピスの水玉模様が、彼が青春をかけた草原の空に瞬く星々のようにも思えるのである。

NEWSポストセブン

「カルピス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「カルピス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ