『アナリティカルシンキング(商標登録出願中)』トレーニングの提供開始

7月9日(月)15時1分 PR TIMES

日本初! AI時代のビジネスリーダーのためのデータによる問題解決フレームワーク

誰もが最先端のデータサイエンステクノロジーに簡単にアクセスできる世界を作るためのプラットフォームを提供するExploratory, Inc.(本社:米国 カリフォルニア / サンフランシスコ、CEO / Founder 西田 勘一郎 https://exploratory.io/ )と人事戦略コンサルティングサービスを提供する株式会社セレブレイン(本社:東京都港区、代表取締役社長 高城 幸司 https://www.celebrain.com)は、このたび、次世代ビジネスリーダーがAIやデータサイエンスを既存ビジネスの向上、または新しいビジネス機会の創造に結びつけていくためのトレーニングプログラム「アナリティカルシンキング」を共同開発し、これからのAI時代に日本企業を率いていくための人材の育成を目的としたトレーニングサービスの提供を開始します。

現在、日本でも多くの企業でAI、データサイエンス、ビッグデータに関するITドリブンのプロジェクトが計画、実行されていますが、そうしたプロジェクトの多くは、必ずしも期待通りの成果を出しているわけではありません。しかし、アメリカのシリコンバレーに目を移すと、テクノロジー、広告、メディアなどの業界はもちろん、小売、流通、宿泊、自動車などの業界において、多くの企業が多様なデータを巧みに活用し、誰よりも顧客の潜在的欲求を深く理解し、より顧客に喜ばれるサービスを提供することで急速に成長を遂げています。

こうした企業に共通するのは、ビジネスリーダー達のAIやデータサイエンスに対する理解と、そうしたテクノロジーとデータを使ってビジネス上の問題を解決するためのフレームワークである「アナリティカルシンキング」の存在です。そこで、Exploratory, Inc.と株式会社セレブレインは、日本で初となる、シリコンバレーの企業を成功に導いているAI時代の問題解決フレームワーク「アナリティカルシンキング」トレーニングプログラムを共同開発し、本格的サービス提供開始に先立って本年6月にパイロットトレーニングを実施いたしました。

パイロットトレーニングには、株式会社リクルートやKDDI株式会社をはじめとした大手企業様を中心に満席となる24名の申し込みを頂いたことに加え、複数の参加企業から次回開催へのお申し込みを頂くなど高い関心が寄せられています。Exploratory, Inc.の西田CEOも加わった熱い雰囲気の中で、参加者からは、「アナリティカルシンキング」が生まれた背景や今後の自社ビジネスへのデータ分析の活かし方、モデルを使った演習などを体験した後、「これまでにない気づきを得られた」「組織の課題解決に使いたい」「社内からもっと参加させたい」「これまでのロジカルシンキング研修では解決できない問題に対応できる」「競合会社には参加してほしくない・・」などといったご満足の声を頂きました。

Exploratory, Inc.と株式会社セレブレインでは、AIやデータサイエンスを活用した新たな製品・サービスの開発や経営の意思決定に変革が求められる今こそ、「アナリティカルシンキング」を身につけたビジネスリーダーを育成することが日本企業の競争力強化にとって重要な課題であると捉え、今後、毎月1回のオープントレーニングと企業向けのカスタマイズトレーニングの開催を計画し、年間受講者1,000名以上の次世代ビジネスリーダー育成を目指します。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社セレブレイン マーケティング部
電話番号:03-3568-6688
メールアドレス:marketing@celebrain.com
コーポレートホームページ https://www.celebrain.com/

PR TIMES

「商標登録」をもっと詳しく

「商標登録」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ