「環境講演会」をセブン&アイ・ホールディングスにて実施

7月9日(火)17時40分 PR TIMES

「持続可能(サスティナブル)」なシーフードについて解説

アラスカシーフードマーケティング協会(本部:米国アラスカ州ジュノー)は、2019年6月27日、セブン&アイ・ホールディングス本社にて、約100名のグループ各社社員のみなさまに対して、「環境講演会」を実施しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/46522/2/resize/d46522-2-158301-0.jpg ]

アラスカシーフードマーケティング協会のトレード・レプレゼンタティブ家形晶子が講師となり、世界の漁業の現状から、なぜ「持続可能(サスティナブル)」なシーフードが環境保全において重要なのか、1950年代より「持続可能(サスティナブル)」な水産資源の活用を続けているアラスカの取り組みを交えながら、分かりやすく解説しました。

本セミナーを主催したセブン&アイ・ホールディングスの尾崎一夫コーポレートコミュニケーション本部サステナビリティ推進本部オフィサーは、「当社の環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』が掲げる4つのテーマのうち、『持続可能な調達』というテーマは、当社のオリジナル商品で使用する食品原材料は持続可能性が担保された材料を100%使用することを目標にしています。今回は、社員の意識啓発を目的に、アラスカシーフードマーケティング協会の協力の下、『環境講演会』を開催しましたが、大変分かりやすく解説してもらい、『持続可能な調達』の重要性など社員の理解も深まったと思います」とコメントしています。

アラスカシーフードマーケティング協会では、今後も「持続可能(サスティナブル)」なシーフードの大切さについて、一般消費者、業界関係のみなさまに、様々な活動を通じてお伝えして参ります。


アラスカシーフードマーケティング協会ついて
アラスカシーフードマーケティング協会(ASMI)は、「持続可能(サスティナブル)」な水産資源を活用した経済発展を促進するために設立されたアラスカ州とアラスカ水産業界の官民パートナーシップです。アラスカ産水産商品の価値を向上させることを目的に、一般消費者、業界関係者を対象とした様々な活動を世界各国で展開しています。詳しくは公式ウェブサイト、公式SNSをご覧ください。

 ▶公式ウェブサイト: https://japanese.alaskaseafood.org/
 ▶公式Instagram:@alaskaseafoodjapan
 ▶公式Facebook:@alaskaseafoodjapan

PR TIMES

「セブン&アイ」をもっと詳しく

「セブン&アイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ