日本オーチス、革新的な顧客・乗客の快適・清潔ソリューションをリリース

7月9日(金)12時17分 PR TIMES

・ eCall(TM) Plus (イーコール プラス)スマートフォン・ソリューション及びかご内に「ナノイー X」を放出する発生装置オプションを販売開始。
・ 簡単にインストールできるスマートフォンのOtis eCall(TM) Plusアプリで、タッチレスでのエレベーターの呼び出しが可能に

日本オーチス・エレベータ株式会社(代表取締役社長 ティボー・ルフェビュール、本社 東京都文京区、以下 日本オーチス)は、お客様の健康と安全へのコミットメントに向け、2021年3月よりeCall™ Plus(イーコール プラス)(https://bit.ly/3jQpFfa)スマートフォンアプリをリリースしました。また、これまでの「ナノイー」の10倍※1の量のOHラジカルを含む微粒子イオンである 「ナノイー X」(https://bit.ly/3yw7LCw)を発生させる装置 のオプションを新たに発売いたします。これらは、集合住宅、事務所、商業施設等に設置されるGen2(R)Premier(ジェンツー・プレミア)(https://bit.ly/3vYqrcf)エレベーターのオプションとしてご利用いただけます。日本オーチスはエレベーターおよびエスカレーターの新設・据付・保守・改修を一貫して扱う世界的リーディングカンパニー、オーチス・ワールドワイド・コーポレーション(NYSE:OTIS)(https://bit.ly/3dmgtuR)の日本法人です。

「弊社では、乗客の安全と顧客サービスへのコミットメントに向け、強い意志と共に取り組んでおります。オーチスは、何年も前からタッチレス技術の分野で革新的な取り組みを続けており、 この度の eCall™ Plusのリリースは、次に向けた新たなステップとなります。」(日本オーチス社長 ティボー・ルフェビュール)

eCall™ Plus
当アプリを使うことで、直接、乗客はスマートフォンから特定のエレベーターを呼び出すことが可能になります。これにより、迅速でタッチレスな乗車体験を実現し、物理的なタッチポイントの数と、表面に付着する細菌やウィルス等への暴露の機会を大幅に削減します。

アプリの使用方法は簡単です。乗客がエレベーターに近づくとBluetooth(R)テクノロジーを介して自動的にアプリが起動します。乗客はアプリを使ってエレベーターを呼び出し、かご内で行先階を指定することができます。

  仕様概略
    · 適用製品:Gen2(R)Premierエレベーター
    · 範囲:2台グループ、15停止まで(順次拡大予定)
    · 対応OS:iOS, Android
    · 利用条件:当社との保守契約が必要です


[画像1: https://prtimes.jp/i/20254/28/resize/d20254-28-a0c9a4dca15bec4c654d-0.jpg ]



「ナノイー X」発生装置
エレベーターの天井裏に「ナノイー X」 発生装置を設置し、送風機と合わせて使用します。「ナノイー X」 は、 「ナノイー」 の10倍※1の量のOHラジカルを含む微粒子イオンです。「ナノイー X」 は、エアコン、空気清浄機をはじめ、冷蔵庫などにも採用されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/20254/28/resize/d20254-28-2548c942402ba0f41701-1.jpg ]



[表: https://prtimes.jp/data/corp/20254/table/28_1.jpg ]



オーチス製品やサービスの詳細は、https://www.otis.com/ja/jp をご覧ください。

オーチスについて
オーチス社は、より高く、より速く、よりスマートな世界で、人々がつながり、豊かになる自由を提供します。オーチス社は、エレベーターとエスカレーターの製造、据付、保守、改修を行う世界的リーディングカンパニーです。世界中で業界最多となる約210万台のエレベーターとエスカレーターをメンテナンスし、毎日約20億人がオーチス社の製品を利用しています。世界各地の代表的な建築物に加え、居住・商業施設や交通施設など、「人の移動」が関わる様々な場所にオーチス社の製品は設置されています。米国コネチカット州に本社を置き、約4万人のフィールドプロフェッショナルを含む6万9,000人の社員を通じて、200を超える国と地域のお客様と利用者様の多様なニーズに応えています。詳しくは、https://www.otis.com/ja/jpをご参照ください。また、LinkedIn、Instagram、Facebook、Twitterで「@OtisElevatorCo」のハッシュタグをフォローしてください。

Bluetooth(R)はBluetooth SIG及び関連会社の商標です。

PR TIMES

「スマートフォン」をもっと詳しく

「スマートフォン」のニュース

「スマートフォン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ