女性上司と働きたい女性はわずか6%!上司の性別に関する希望調査 転職・仕事実態調査vol.15:キャリアインデックス

7月10日(月)11時18分 PR TIMES

情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックス(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:板倉広高)は、 「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.15」を発表しました。
本調査では普段表面化されることのない転職や仕事に対する本音を明らかにし、広く働き方を考えていくための一助とすることを目的としています。今回は「男女どちらの上司のもとで働きたいか」を有職者515名に調査いたしました。

■調査結果概要
男女ともに一緒に働きたい上司の性別は「男性」と回答した人が「女性」より多数派

■調査結果詳細
              Q. 男女どちらの上司のもとで働きたいですか?

[画像: https://prtimes.jp/i/18685/18/resize/d18685-18-634159-0.jpg ]

調査結果は上記図のようになりました。
女性回答者では「男性上司が望ましい」と回答した人が32.4%、「女性上司が望ましい」と回答した人が5.9%という結果になりました。「どちらでも」という回答が最も多く61.8%を占めました。男性回答者でも同様の傾向が見られました。「男性上司が望ましい」と回答した人が22.0%、「女性上司が望ましい」と回答した人が2.2%、「どちらでも」と回答した人が75.8%でした。

男性よりも女性の方が上司の性別を気にかける割合が高く、その中でも男性上司を好む人が32.4%と、同性である女性上司を好む割合を大きく上回る結果となりました。

それぞれの回答理由で多く集まった代表的な意見は以下のようなものでした。

男性上司と働きたい理由:
「理性的な判断ができる」(38歳/男性)
「何かあった時にそれを後々引きずらない」(26歳/女性)
「女性の上司は女性に厳しい(から男性の方がいい)」(45歳/女性)

女性上司と働きたい理由:
「健康や家庭のことを相談しやすい」(30歳/男性)
「女性ならではの心配りをしてくれる」(25歳/女性)
「同性なので、気持ちが共有できる」(33歳/女性)

男性上司に期待されることは感情に左右されない合理的な判断や気楽に付き合える関係性という意見が多数寄せられました。一方、女性上司に期待されることは女性特有の悩みを相談できることや、仕事面での細やかな心配りであることが本調査の結果から読み取れます。

参考:
CAREER INDEX |「女性上司と働きたい女性はわずか6%!上司の性別に関する希望調査」
https://careerindex.jp/contents/column-report/ranking/955/

Fashion HR |「職場の上司『女性より男性と働きたい』が多数。女性上司が好まれない理由No.1は?【調査】」
http://fashion-hr.com/hr-talks/hr-talks_real/15469/

■調査概要
調査名:有職者に向けた仕事に関する調査
調査方法:インターネットアンケート調査
調査期間:2017年5月26日〜5月29日
調査対象:過去3年以内に転職経験のある関東在住の有職者515名
(マクロミルで実施)

【株式会社キャリアインデックス】
代表者 : 代表取締役社長 板倉 広高
所在地 : 〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー15F
設 立 : 2005年11月30日
資本金 : 393百万円
主な事業 : インターネットを活用した集客プラットフォームの運営
主な運営サイト :
転職・求人情報のポータルサイト CAREER INDEX[転職]
アルバイト・派遣情報のポータルサイト Lacotto(ラコット)
ファッション・アパレル業界の転職求人情報サイト Fashion HR
資格・習い事の総合サイト CAREER INDEX スクール
市場:東京証券取引所マザース
証券コード:6538

【本件に関するお問い合わせ先】
部 署:広報・編集部E-mail: pr@careerindex.jp

PR TIMES

「上司」をもっと詳しく

「上司」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ