AI通訳機「POCKETALK(R)(ポケトーク)」が成田空港内の61の免税店で接客ツールとして採用

7月10日(水)11時40分 PR TIMES

7月10日(水)より導入開始

 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階 代表取締役社長:松田 憲幸)は、
7月10日(水)より、成田国際空港内の免税店61店舗で、弊社のAI通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が接客ツールとして導入されることをお知らせいたします。

 本製品は世界74言語(2018年12月時点)に対応し、ボタンを押しながら話しかけるだけで、通訳がいるかのように対話ができるAI通訳機です。
 成田国際空港内の免税店などを運営する株式会社NAAリテイリング(本社:千葉県成田市古込字古込1番地1 代表取締役社長:神崎 俊明)では、近年増加する訪日外国人客へのさらなるサービス向上のために本製品を採用し、各店舗における接客応対で利用されます。
 弊社では、「言葉の壁をなくす」というミッションの実現を目指し、今後も多くの企業様を通じて、本製品の提供を広げて参ります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/35169/147/resize/d35169-147-674183-2.jpg ]

【 成田空港の外国人入国者数が年々増加 】
 法務省が発表した「出入国管理統計」によると、入国時に成田国際空港を利用した外国人入国者数は、2011年以降増加の一途を辿っています。また、成田国際空港では、更なる機能強化により航空機の発着容量を拡大し、経済発展著しいアジア諸国の成長を取り込むことで、今後旅客数の大幅な増加を見込んでいます。今後ますます、訪日外国人客へのさらなるサービスの向上が重要になってくると考えられます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/35169/147/resize/d35169-147-899407-1.jpg ]


【 「ポケトーク W」とは 】

[画像3: https://prtimes.jp/i/35169/147/resize/d35169-147-545596-0.jpg ]

 「ポケトーク W」は、世界74言語に対応した、手のひらサイズのAI通訳機です。話しかけるだけで通訳がいるかのように対話ができます。2.4インチの大きい画面に、タッチパネルを採用。世界128の国と地域(2019年5月14日時点)で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵しているため(グローバル通信(2年)付きの場合)面倒な設定は不要ですぐに使えます。言語数はインド英語やオーストラリア英語などのアクセントにも対応し74言語利用できます。
 なお本製品は弊社が開発したもので、ドイツの「IFA 2018」でもイノベーションアウォード(Innovation Award at IFA)を受賞しています。日本のみならず世界中に販路を拡大して参ります。

製品プレスリリース
 https://sourcenext.co.jp/pressrelease_html/JS/2018/2018072601
詳細URL
 https://pocketalk.jp/

【 株式会社NAAリテイリング 】
■会社名  :株式会社NAAリテイリング
■本社所在地:千葉県成田市古込字古込1番地1
■詳細   :https://www.fasola.jp/
■導入エリア:成田国際空港第1・2・3ターミナル

コピーライト表記について
■製品の画面掲載などのコピーライト表記は、下記の通りお願いいたします。
 (C) SOURCENEXT CORPORATION

お客様お問い合わせ先
■ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
■ご購入前相談ダイヤル:0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

PR TIMES

「通訳」をもっと詳しく

「通訳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ