加熱式たばこ「互換機」の波紋、商標権や健康リスクに課題

7月11日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

新発売されるjouz。IQOSの純正デバイスに比べて連続喫煙が可能などの特徴を持つ Photo by Akira Yamamoto

写真を拡大


 急速に普及する加熱式たばこ市場を狙うのは、たばこメーカーだけではない。


 ジョウズ・ジャパンは7月、加熱式たばこデバイス「jouz」を発売する(税込み6680円から)。同社はサードパーティーと呼ばれる会社で、たばこ自体は販売せず、フィリップ・モリスが販売するIQOSのヒートスティックに対応する。


 加熱式たばこは、たばこ部分とデバイスが分かれており、サードパーティーが販売するデバイス(互換機)は、すでに多く存在。非純正品のため、“安かろう悪かろう”という印象が根強いが、jouzは、モバイルバッテリーなどで知名度の高い中国・アンカーグループが技術的に支援するとあって、ユーザーの期待は大きい。


 だが、加熱式たばこの互換機ビジネスには、多くの問題もある。


 一つは、商標権や特許権といった知的財産権の問題だ。市場に出回る互換機でメーカーの認証を得た例はない。デザインや形状などで、権利侵害の恐れのある“グレーゾーン”の商品もある。


 実際、JTは知的財産権に抵触する製品に対し、販売サイトへの削除要請のほか、製造企業への警告などの対応をすでに行っている。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「加熱式たばこ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「加熱式たばこ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ