銀行同士がATMで「相乗り」しにくい理由、メガは独自性で地銀は通帳

7月11日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

三菱UFJ銀行と三井住友銀行で始まるATMの共同利用。対象となるのは店舗外ATMだ Photo:Bloomberg/gettyimages

写真を拡大


7月5日、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が、メガバンク同士で初となるATMの共同利用を発表した。1台につき年間数百万円というコストがかかるATMは、共同利用による費用の見直しが一大関心事だ。ただ、各銀行の思惑や通帳という存在が動きを鈍くしている。(ダイヤモンド編集部 田上貴大)


「うちはメガバンクと簡単に提携できない。全てはバランスの問題だ」


 ある大手銀行の幹部は険しい表情でそう述べた。頭の中にあるのは、7月5日に発表された、三菱UFJ銀行と三井住友銀行が店舗外ATMの共同利用に踏み切ったという話題だ。


 メガバンク同士がATMを共同利用するのは本邦初。9月22日から、どちらのATMでも平日日中の取扱手数料が無料になる。両行は共同利用に伴い、拠点が重複しているATMを数百カ所という規模で削減していく考えだ。


 目下の銀行界では、構造改革によるコスト削減が大きなテーマだ。銀行ATMは年間「約200万〜300万円」(中小地方銀行の幹部)とも、1000万円近くともいわれる維持・管理コストがかかるため、ATMの台数をどう減らせるかに関心が寄せられている。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「銀行」をもっと詳しく

「銀行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ