関西国際空港 新BCPに基づく出水期対応訓練を実施

7月12日(金)9時40分 PR TIMES

〜関係機関との連携確認、空港従業員の防災意識の向上を図ります〜

 関西エアポート株式会社は、2019年7月18日(木)・22日(月)に、関西国際空港において、新BCPに基づく出水期対応の現場訓練を実施することをお知らせします。
 7月18日(木)には、航空会社やグランドハンドリング会社と共に旅客対応訓練を実施し、お客様の優先度(プライオリティ)に応じた対応手順の確認・共有を行います。また、外国語対応スタッフと、非常用多言語拡声装置(メガ・スピーク)を使用した多言語対応も強化します。
 7月22日(月)には、国際貨物地区において、新規導入した出水期対応の資機材の運用・取扱いの確認を、貨物地区の関係事業者と共に行います。
 これらの訓練を通して、関係機関と連携を図るとともに、空港従業員の防災意識向上を図り、適切な初動対応を確認することで、空港の安全運用の確保につなげます。
 関西エアポート株式会社は、引き続きお客様の旅を支える安全の確保と、空港を安心して利用いただくための環境づくりを進めてまいります。

【第1ターミナル内での訓練】
日 時:7月18日(木) 10:30〜11:30
内 容:滞留者対応訓練他
[画像1: https://prtimes.jp/i/45236/8/resize/d45236-8-485961-0.png ]


【国際貨物地区での訓練】
日 時:7月22日(月)10:30〜11:30
内 容:止水シート取扱い訓練・効果検証、
    排水ポンプ車排水訓練、
    可搬式ポンプ取扱い訓練
    情報伝達訓練


[画像2: https://prtimes.jp/i/45236/8/resize/d45236-8-777052-1.png ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/45236/8/resize/d45236-8-496177-2.png ]


                      ※いずれもイメージ

PR TIMES

「訓練」をもっと詳しく

「訓練」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ