BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

17年上半期輸入車登録台数、MINIが2年連続トップ 人気の魅力はどこに?

財経新聞7月11日(火)8時18分
画像:MINI初のプラグイン・ハイブリッド「MINI Cooper S E Countryman ALL4」(写真: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
写真を拡大
MINI初のプラグイン・ハイブリッド「MINI Cooper S E Countryman ALL4」(写真: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
 日本自動車輸入組合(JAIA)が2017年上半期(1〜6月)の外国メーカー車モデル別新車登録台数ランキングを発表した。それによると、1位は「MINI」、1万2468台で2年連続トップであった。2位は1万1353台で、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」。3位は8020台で、メルセデスベンツ「Cクラス」だった。なぜ、「MINI」はそんなに魅力があるのだろう?

【こちらも】BMW、新型「MINIクロスオーバー」発売、初の新世代HVモデルも

■MINIの歴史が物語るもの
 現在は「MINI」の商標登録を2001年に取得して、ドイツのメーカーBMWが開発も販売も手掛けている。しかし古くからのオーナーは、BMWのショールームにMINIが飾られているのを見るのは“少々違和感を感じる”という。その発祥は1952年イギリスで、メーカーは「ブリティッシュ・モーター・コーポレーション」で通称はBMC。2001年より前のMINIについては、愛着を持ってBMCで語られる。

 モデル名もオースチン・ミニ、ミニ・クーパー、クラブマン・エステートなどと変遷し、名車名鑑にも名を連ねるものもある。BMWの傘下に入るまで世界中で約530万も売れた大ヒット車種。ビートルズのメンバーやエリザベス女王などにも愛された車。ミニ・クーパーは自動車レース(モンテカルロラリー)でも複数回の総合優勝。などなど、エピソードも多数持つ車であるわけだが、説明しなくてもその歴史を物語るのはやはりその外観なのかもしれない。

■MINIのレトロなデザインは女性にも人気!
 創成期のMINIのデザインは2ドアで、オーバーハング(タイヤの衷心より外側の長さ)も少なく、車高が低いことはもちろん、最低地上高(ロードクリアランス)が実用車としては最低限レベルであった。大人4人を定員とした車の中では、最小の車でもあった。しかし、実用的でもあり、そのコンパクトなデザインが愛らしく、世界中の人々に受け入れられたのだ。その原型は、BMWの傘下となった今でもとどめられている。

 BMCのMINIは故障も多く、車の知識のない一般のユーザーでは維持するのは大変だが、現代のMINIは他の車と同様に進化を遂げている。クーペはもちろん、実用的な5ドアハッチバック、人気の高いSUV、ロードスターなどさまざまなシーンに対応したモデルを取り揃えてきており、長年守られてきたそのレトロな雰囲気を感じつつ、女性をはじめ多くの人がドライブを楽しめるクルマに仕上がっている。

 大衆車として繁栄してきたMINIだが、歴史を感じさせるデザインにプラスした用途の幅の拡大が、現代でも人気を博す理由であるかもしれない。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「輸入」をもっと詳しく

注目ニュース
電気自動車はガソリン車を超えるか JBpress8月18日(金)6時12分
テスラの「モデル3」。同社提供(2016年4月1日提供)。(c)AFP/TESLAMOTORS〔AFPBBNews〕テスラの電気自動車(E…[ 記事全文 ]
スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった プレジデント社8月18日(金)9時15分
コーヒー専門店に「マイボトル」を携行する人がいる。数十円の割引が受けられるため、節約意識の高い人のように思えるが、FPの山崎俊輔氏は「マイ…[ 記事全文 ]
「走るATM」広がる 時事通信8月18日(金)17時12分
地方銀行や信用金庫といった地域金融機関で、現金自動預払機(ATM)を搭載し、店舗の空白地域などを巡回する移動ATM車の導入が広がっている。[ 記事全文 ]
デキる人かを見分けるたった1つの質問 プレジデント社8月16日(水)9時15分
ビジネスの現場で、相手が「仕事がデキる人」かどうかすぐに見抜く方法はあるのでしょうか。じつは、質問1つで判断する方法があります。[ 記事全文 ]
30センチでエンジン停止 自動車による“浸水”危険レベル オリコン8月19日(土)9時50分
ゲリラ豪雨のニュースを目にする機会が多くなった。自治体による浸水被害対策区域指定などの動きも始まっている。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア