モンハン大ヒットで最高益のカプコン、スマホ育ちの世代を獲得

7月13日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

今年1月に発売した新作「モンスターハンター:ワールド」が好調で25期ぶりに営業最高益を更新したカプコンの辻本春弘社長に、ヒットへの仕掛けづくりと今後の課題を聞いた。



──2018年3月期の営業利益は前年同期比17.5%増の160億円となり、25年ぶりに過去最高益を更新しました。


 1月に発売した新作のゲームソフト「モンスターハンター(モンハン):ワールド」が3月までで790万本の販売を達成し、期待以上の成果を収めたことが主な要因です。


 これまでのモンハンはPSP(プレイステーション・ポータブル)やニンテンドー3DSといった携帯型ゲーム機で遊ぶゲームでしたが、新作はPS(プレイステーション)4向けで、画像が鮮明で迫力があります。これまでと異なり、売上高の6割が海外です。


──モンハン:ワールドの発売により、PS4の売り上げも伸びました。スマートフォンゲームに押されていたゲーム専用機にユーザーが戻ってきたということでしょうか。


 購入者の属性を見ると、15歳から20歳の層が実に多いのです。しかも、約半分がダウンロードで購入しています。自分のお小遣いで「本格的なゲームで遊んでみよう」と、PS4とモンハン:ワールドを買ってくれたのではないか。つまり、ゲーム専用機に戻ってきたのではなく、新規ユーザーが増えたということだと思いますね。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「モンハン」をもっと詳しく

「モンハン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ