非日常空間で遊びを取り入れ、同期の絆を強くする22卒内定者向け研修「Improve」を7月22日、23日に開催 新入社員向けの新しいチームビルディングの取り組み

7月13日(火)14時16分 PR TIMES

株式会社日本デザイン(本社:東京都池袋、代表:大坪拓摩(おおつぼ・たくま))は、2022年度卒業予定の学生のうち、5月10日以降に内定承諾した通称「後期内定者」のうち希望者に対し、7月22日・23日の2日間にわたる内定者研修「Improve」を行います。研修の場所には廃校をリノベーションした施設を選び、従来の研修とは一線を画す「遊び」を取り入れた研修を行う予定です。

[画像1: https://prtimes.jp/i/39136/69/resize/d39136-69-81510d6741c1042e7247-0.png ]



研修概要

名称:後期内定者研修「Improve」
日時:2021年7月22日(木・祝)〜23日(金・祝)
参加者:研修を希望する内定者8名、スタッフ6名

開催背景

一般的な内定研修は、内定辞退の防止や内定者の不安軽減、また社会人としてのマナーやスキルを身につけることを目的として行われています。しかし当社では、内定者同士の横のつながりを強くし、入社後によりよいチームとして活躍できる基盤を作るために内定者研修を行っています。
昨今の会社組織において、チームビルディングはなくてはならない要素です。
その中でも、近年は心理的安全性を高めることが注目を集めています。
心理的安全性とは、「会社のチームにおいて自分の考えや発言が拒絶されたり、それによって罰を与えられたりしないと確信している状態」と定義されています。この心理的安全性が向上することで、情報やアイデアの共有が盛んになる、ポテンシャルやエンゲージメントが向上する、目指すビジョンが明確になる等のメリットがあるとも言われています。
当社は内定者にも早くから心理的安全性の環境を作り、個々の能力を伸ばしてもらうべく、あえて従来のような研修施設ではなく、非日常空間で遊びを取り入れた内定者研修を開催します。

非日常空間の中での遊びで心理的安全性を作る


[画像2: https://prtimes.jp/i/39136/69/resize/d39136-69-aa3f361d69e91deb5eca-1.png ]

従来のような研修施設という環境では、「教えてもらう場」「知識をインプットする場」という感覚が働いてしまうため、当社は廃校をリノベーションした開放的な場所を借りて研修を行います。非日常的な空間でボードゲームなどの遊びを取り入れ、同級生や友達といった感覚の中で、お互いの絆を深めあえるような研修を目指しています。
こういった工夫で心理的安全性を担保することで、効果的なチームビルディングが可能となり、お互いに切磋琢磨できる環境を自らが作り出せるようになると考えて今回の研修のコンテンツを決定しました。
当社は企業としてのビジョンに幸せな生き方・働き方を増やすことを掲げています。
社員がより良い働き方できる環境を作りだすことで、個人の成長と会社の成長の両立を目指しています。

今回の研修の目玉

今回の「Improve」では、場所の選定以外にも、内定者が研修に熱中できるよう、随所に工夫が凝らされました。

1.ボードゲームの取入れ
当社の研修では、ビジネスマナーや考え方を座学で伝えることはほとんど行いません。最も重要視するのは内定者が楽しんで参加すること。そのために、ただ取り組んでもらうだけではない、内定者が思わず熱中してしまうようなプログラム作りを目指しました。
その代表例が、内定者同士で行うボードゲームです。
自分の考えのより良い伝え方を学ぶことや、相手の意図を読むこと、また横の繋がりを強固にすることなど、そこには多くの狙いがあります。またボードゲームの選定にも膨大な時間を費やし、内定者のより良い学びになるものを妥協せず選びました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/39136/69/resize/d39136-69-bc65a46bd28b54f091f8-2.png ]

2.「Improve(改善)」を体現するサイクル

[画像4: https://prtimes.jp/i/39136/69/resize/d39136-69-de55b021f6da3d429b3f-3.png ]

今回の研修では、研修タイトルでもある「改善」に重点を置いたサイクルを意識したプログラム構成にこだわりました。
本研修の最も大きな特徴として、「必ず最初は行動から入る」というものがあります。
最初に答えを教えてしまうと、ただ知識だけを教えられた状態になってしまい、内定者へのインプットの効率が悪くなってしまいます。そのため、必ず最初は「やってみる」をスタートにしています。そしてその行動により「必要な考え方に気付く」、そしてそこで学習した考えを意識して「改善する」、改善したことで「その考えの必要性が分かる」、その経験を通して、知識が学びとして定着する、行動→気づき→改善→示唆→学びのサイクルを重視しています。

研修実施に向けて

実際に研修を行うにあたって、担当した新入社員は以下のように語りました。
「今回の研修作りを通して、自分達自身が学ぶこともとても多かったと感じています。研修で教える内容についてはもちろんのこと、先輩方や同期のありがたみや、自分や周囲の適性も見えてきました。今回の研修でも大幅にブラッシュアップできたと感じていますが、ゆくゆくは外部にも提供できるくらいの質に仕上げて、「楽しんでいたらいつの間にか成長できていた」という研修として広めていけたらと考えています」

会社概要

会社名  : 株式会社日本デザイン
ミッション: 日本人の生き方・働き方をより幸せに変え、より良い日本をデザインする
所在地  : 東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル2F
設立   : 2013年2月18日
代表取締役: 大坪拓摩
事業内容 : WEBマーケティング、WEBプロデュース、コンサルティング
       WEBデザインスクール   https://design-school.online/
       WEBライティングスクール https://writer-college.jp/
       映像編集スクール      https://movie-academy.jp/
       プログラミングスクール、写真スクールなど
URL   : https://japan-design.jp

PR TIMES

「研修」をもっと詳しく

「研修」のニュース

「研修」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ