BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

イケアとスポティファイの国が生んだ新スター「ボルボS90」

Forbes JAPAN7月16日(日)12時0分
画像:イケアとスポティファイの国が生んだ新スター「ボルボS90」
写真を拡大
今月開催されたG20では、フランスのマクロン大統領が2030年までに、ガソリン・ディーゼルの新車の発売を禁止すると明言した。同じ方針を表明する国も少なくない。

そんな中で、自動車業界に衝撃を与えたのが、スウェーデンのブランド、ボルボだ。同社は、2019年から生産するすべての車種を、ハイブリッドか完全な電気自動車にすると発表した。自社のラインナップのすべてを電気化すると宣言したのは、世界で初めてだ。
 
でも、僕は驚かなかった。なぜなら、同社は今、大変革のまっ只中にあるからだ。スウェーデンを象徴するボルボは、今や中国のジーリーホールディングス傘下にあるが、 長い間安全第一主義のメーカーとして信頼されてきた。3点式シートベルトを発明して市販車に真っ先に搭載したのもボルボだった。

しかし、デザインにおいてはあまり魅力的とは思われてこなかったのも事実だ。”車輪のついたレンガ”とさえ言われていた時代もあった。
 
ところが、今やダイナミックな運転性能と美しいデザイン、高級感においてどのメーカーにも劣らない。しかも、競争力のある価格で、不動のドイツ・ビッグ3、メルセデス、BMW、アウディを脅かす存在になってきた。

S90の第一印象は上々だった。スタイリッシュで品がある反面、かなり大きいが、デザイン部は、うまい具合にレトロなタッチとモダンな匂いをブレンドさせている。バランスのいいプロポーションを持つセダン(ワゴンもある)は、近年のボルボでもっとも美しいと言えるだろう。

T字モチーフのヘッドライトは、北欧神話のトール神が持つ槌を思わせ、北欧の伝統を感じさせる。独特なメッキのグリルは、1960年代の人気テレビシリーズ「ザ・セイント」でロジャー・ムーアが乗り回していたP1800クーペへのオマージュも思わせる。
 
XC90とプラットフォームをほぼ共有するS90は、XC90より小さいながら20インチのタイヤを履いている。でも正直なところ、20インチの設定では乗り心地は固めというか、少しゴツゴツする。以前「なぜ男性はいつもインチアップしたいのか」と妻に聞かれたことがあり、「女性はいつも、より大きなダイヤが欲しいでしょう」と答えると彼女は納得したが、S90の場合はインチを下げた19インチにした方が、乗り味がより高級車らしくなる。
 
さらに、XC90の2リッターのスーパーチャージ&ターボ・エンジンI-4と、8速オートマチック、AWDも汎用。S90の小さくも強力なエンジンは320psを発揮する。0-100km/hの加速は5.6秒と充分速い。1820kgも車重があるのに、重さを感じさせない。

クルマの動きはとにかくなめらか。これはスポーツセダンではなく、長距離クルージングにぴったりの高級車だ。ステアリングの重さと手応えがちょうどよく、狙ったラインを綺麗にトレースしてくれる。サスペンションは2類用意されている。エア・サスペンションは乗り心地が良いが、標準仕様のダブル・ウィッシュボーン&リーフスプリングの方が、路面からのフィードバックをダイレクトに感じることができる。

その重厚感と高級感はインテリアにも通じる。上質なウッドとクリーム色のナッパレザーにアルミ調のアクセントは、まるでベントレーのようだ。というのも、 イギリス高級ブランドから迎えたスタイリストが室内を担当したと聞けば、醸し出すラグジュアリー感にも納得だ。まるで高級ヨットのラウンジに配された家具のようで温かみがある。

さらにはセンターコンソールのスイッチ類もまるで宝石みたいな仕上がりで、必要以上に触りたくなる。日本で750万円程のサルーンにはるかに勝るルックスと雰囲気だと言えるだろう。ただ、欧米ではおよそ650万からの価格だが、なぜか日本では1割高い価格設定になっている。

車内エンターテイメントの点でも、S90はトップクラスと言っていい。19のスピーカーはバウワース アンド ウィルキンス(Bowers & Wilkins)の高級サウンドシステム。12.3インチと大型ディスプレーはハンドルの奥に置かれていて、ドライバーから届きやすい。

とはいえ、ボルボといえば安全性だ。S90で特筆すべきは独自のセミオート・ドライブ・アシスト機能で、僕が試乗したときもブレーキ、加速、レインキープをスムーズに補助してくれた。ボルボ車らしく先進安全装備も充実。ムースも感知できる世界初の大型動物検知機能などを含む、15以上の運転支援システムが標準装備される。これは世界一安全な高級車と言える。

強いて短所を挙げれば、その車長5m、車幅1.88mという大きさだろうか。日本の道路事情ではちょっと取り回しづらい場合もあるだろう。それでも、S90は、デザインが美しく、パワーも充分、安全性能にも優れ、高級感にあふれている。ハンドリングもパフォーマンスもよく、何よりもコストパフォ−マンスが高い。

今やこのセグメントの新しきリーダーと呼ぶに相応しい”美しい王子”に変身したボルボは、堂々とドイツのビッグ3に手袋を投げて、闘いを挑んでいる。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ボルボ」をもっと詳しく

注目ニュース
連合の豹変 「高プロ」制度に賛成したワケは J-CASTニュース7月20日(木)14時49分
労働者の代表を自任してきた連合、日本労働組合総連合会が条件付きながら、時給管理を外す「高度プロフェッショナル制度」の導入の賛成に舵を切った…[ 記事全文 ]
ウナギ、少し安く食べられそう…値下げの店続々 読売新聞7月20日(木)18時35分
25日は土用の丑(うし)の日。今年はウナギが少し安く食べられそうだ。養殖用の稚魚漁が昨期より好調で、ウナギの卸売価格が約1割下がり、店頭での値下げも相次いでいる。東京都目黒区のウナギ専門店「八ツ目やにしむら目黒店」は今年のかば焼きを、大串2200円、中串1800円にした。[ 記事全文 ]
対照的なマックとモス 株価、好不調の分かれ目は... J-CASTニュース7月19日(水)7時0分
ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスの株価が伸び悩んでいる。[ 記事全文 ]
極上のハワイアンステージをお届け!『世界最高峰のハワイアンパフォーマンスホイケ ラナキラ 2017〜フラと音楽のコラボレーション〜』TBSチャンネル1で7月22日(土)テレビ初独占放送! PR TIMES7月20日(木)11時57分
株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1最新ドラマ・音楽・映画…[ 記事全文 ]
NYダウ、もみ合い 時事通信7月20日(木)23時54分
【ニューヨーク時事】20日午前のニューヨーク株式相場は、材料に乏しく、もみ合いとなった。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア