BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

米国で最も盗まれる新車・中古車 1位はともに日本メーカー

Forbes JAPAN7月17日(月)13時0分
画像:米国で最も盗まれる新車・中古車 1位はともに日本メーカー
写真を拡大
米国内で所有しているなら、自動車保険料の支払いが遅れていないか確認した上で、盗難防止アラームの購入を検討した方がいいモデルがある。1997年モデルのホンダ「アコード」だ──。

全米保険犯罪局(NICB)が毎年発表している報告書「Hot Wheels」によると、2016年に盗難被害に遭った中古車の多くは、スマートキー技術が採用される以前に発売されたファミリー向けセダンとピックアップトラックだった。

盗まれるのは新車よりも中古車が多く、ほとんどは「チョップ・ショップ」に持ち込まれて解体され、取り出された部品は無節操な販売業者によって、消費者や修理業者に不正に販売されている。エアバッグや触媒コンバーターには、特に高値が付くという。

NICBによれば、2016年に最も盗まれた中古車の「上位」10モデルは、以下のとおりだ。

1. ホンダ アコード(1997年モデル) 5万427台
2. ホンダ シビック(1998年モデル) 4万9547台
3. フォード Fシリーズ ピックアップ(2006年モデル) 3万2721台
4.  シボレー シルバラード ピックアップ(2004年モデル) 3万1238台
5. トヨタ カムリ(2016年モデル) 1万6732台
6. 日産 アルティマ(2015年モデル) 1万2221台
7. ダッジ ラム ピックアップ(2001年モデル) 1万2128台
8. トヨタ カローラ(2015年モデル) 1万1989台
9. シボレー インパラ(2008年モデル) 9749台
10. ジープ チェロキー/グランドチェロキー (2000年モデル) 9245台

一方、昨年中に最も多く盗まれた2016年モデルの車は、以下のとおりとなっている。

1. トヨタ カムリ 1113台
2. 日産 アルティマ 1063台
3. トヨタ カローラ 982台
4. ダッジ チャージャー 945台
5. フォード フュージョン 914台
6. ヒュンダイ ソナタ 887台
7.  GMC シエラ ピックアップ 884台
8. ヒュンダイ エラントラ 832台
9. フォード Fシリーズ ピックアップ 738台
10. フォードトランジット バン 669台

NICBは、テクノロジーは新型モデルを盗難から守ることに効果的であるものの、実際には盗難件数が過去2年間にわたって増加している点を指摘。その原因の一つは、所有者がドアをロックせず(それもキーを挿したままで)、車から離れてしまうケースがあまりにも多いことだと警告している。

盗まれないようにするための最善の方法は今も変わらず、どんなに短い間でも車から離れるときは必ずドアをロックし、キーを持って車を降りることだ。

なお、ここで紹介したデータは警察が全米犯罪情報センター(NCIC)に報告した件数のみを対象にNICBが今年3月23日時点でまとめたものであり、実際の盗難件数を正確に反映していない可能性もある。

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「盗難」をもっと詳しく

注目ニュース
老後の備え、いくら必要? いまの貯金額は? 気になる本音を聞いてみた マイナビニュース9月26日(火)9時30分
現役をリタイアしたら、果たして国は生活を支えてくれるのか——。年金の受給開始年齢が引き上げられ、また高齢者の医療費負担額が重くなるなか、"…[ 記事全文 ]
加熱式たばこに増税案急浮上、当惑するメーカーの本音 ダイヤモンドオンライン9月26日(火)6時0分
たばこメーカーにとって寝耳に水だった。「たばこ税の議論は毎年のことだけど、急に加熱式をやり玉に挙げてくるとは……」。[ 記事全文 ]
「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち JBpress9月26日(火)6時14分
9月25日、安倍晋三首相が臨時国会冒頭での解散を表明したが、衆院選はすでに走り出している。[ 記事全文 ]
エプソンが高級腕時計を突然発売した理由 プレジデント社9月25日(月)9時15分
プリンター大手のセイコーエプソンが、今年9月、高級腕時計の市場に参入する。エプソンがアナログ時計の独自ブランドをつくるのは初めてだ。[ 記事全文 ]
デリヘルに"素人専門"が増える意外な理由 プレジデント社9月25日(月)15時15分
「風俗」では違法営業の摘発が後を絶たない。詐欺で客からカネを巻き上げる、未成年を違法に働かせる——これらに加えて、近年ますます問題になって…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア