年収が低い会社ランキング2019【最新版上位20社】

7月18日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

 前回の「年収が高い会社ランキング」に続き、今回は、直近の3月期決算を反映した最新版「年収が低い会社ランキング」を取り上げたい。


 上場企業は有価証券報告書で平均年収を公開しており、決算期で最も多い3月期のデータが出そろうのは6月末だからだ。単体の従業員数が20人以上の会社を対象とした。


上位20にサービス業8社がランクイン


 1位は警備事業のトスネットで、平均年収は260万円。「年収が高い会社ランキング」1位のキーエンス(2110万円)と比較すると1割強の水準で、上場企業全体の平均値(619.5万円)の半分にも届かなかった。


 トスネットと同じサービス業に分類される8社が、ワースト20にランクインしている。サービス業は、業種別で最も数が多かった。


 3位のプレステージ・インターナショナル(278万円)、5位の光ハイツ・ヴェラス(302万円)、7位の日本パレットプール(314万円)、10位の日本PCサービス(322万円)、12位のピーエイ(330万円)、15位のベストワンドットコム(333万円)、20位の共栄セキュリティーサービス(338万円)が該当する。


 小売業は3社が入った。4位のショクブンは296万円、8位の井筒屋は319万円、11位のかんなん丸は328万円だった。


 一般的には、サービス業や小売業は労働集約的な産業で、日本は欧米の同業と比べて生産性が低いとされる。中小企業の比率も高く、年収が金融やメーカーとの比較で見劣りするため、人手不足が深刻化する中、人材確保に苦労している会社が多い。






続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「平均年収」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「平均年収」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ