【ハーバード × スタンフォードの眼科医が指南】 なぜ夕方になると目がショボショボすることがあるのか?

7月18日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo: Adobe Stock

写真を拡大

著者はハーバード大学とスタンフォード大学に計11年在籍し、世界的権威の2大科学誌『ネイチャー』『サイエンス』に論文が掲載されたスーパードクターだ。
帰国後、東京・錦糸町に「眼科 かじわらアイ・ケア・クリニック」を開設するやいなや、地元だけでなく、噂を聞きつけて全国各地から来院する患者が後を立たない。そんなカリスマ名医の初の著書『ハーバード × スタンフォードの眼科医が教える 放っておくと怖い目の症状25』から、誤解だらけの目の常識と自宅で気軽にできる一生モノの目の健康法を科学的な事実に基づいてお伝えする。


目がショボショボする、乾く


●涙の量、もしくは質の変化が大きな原因


Q
エアコンが効いた室内でずっと仕事をしているせいか、夕方になると目が乾いてショボショボします。


A
目が乾く「ドライアイ」の原因には、涙の量が減る「量的な原因」と、涙の質が変わる「質的な原因」があります。


さらに慢性の「アレルギー性結膜炎」の場合も、ドライアイと同じような「目がショボショボする」「ゴロゴロする」といった症状が現れます。


Q
そもそも、なぜ涙の量が減ってしまうんですか?


A
まばたきには、まぶたの内側にある「涙腺(るいせん)」を刺激して涙を出し、目の表面を均一に潤す働きがあります。


でも、何かに集中すると、無意識にまばたきの回数が減るんです。


特に最近は、スマホやパソコンの画面を見つめ続けることが多くなっており、まばたきの回数が激減しています。それが涙の量を減らしています。


また、ソフトのコンタクトレンズは、乾燥しないように涙を吸収して形状を維持しますから、ソフトのコンタクトレンズを使う人は目が乾きやすいです。


Q
もう1つの「涙の質が変わる」ってどういうことですか?


A
涙は単なる液体ではなく、ヤマイモやオクラのネバネバと同じような粘液成分や油の層からなっています。この構造が変わると、目の表面に涙がとどまりづらくなり、目の表面をおおう涙の膜にムラができて、目が乾きやすくなるんです。


Q
たまに「結膜炎」になって目がショボショボしてしまうのですが、何かに感染してなるんでしょうか。


A
慢性の「アレルギー性結膜炎」の原因の多くは、ホコリやダニなどのハウスダスト、もしくはコンタクトレンズの汚れです。


特に「2週間連続装用」のコンタクトレンズを使うと、どうしても汚れがレンズに残ってアレルゲン(アレルギーの原因物質)となりやすいです。

ダイヤモンドオンライン

「眼科」をもっと詳しく

「眼科」のニュース

「眼科」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ