データ活用上位者を 全社で表彰したら どうなった?

7月18日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo: Adobe Stock

写真を拡大

今、最も注目を集める急成長企業ワークマン。「高機能・低価格」という4000億円の空白市場を開拓し、“頑張らない経営”で10期連続最高益。「#ワークマン女子」も大人気で、3/19には都内初となる東京ソラマチ店もオープン。国内店舗数ではユニクロを抜き、「日経MJ」では「2020ヒット商品番付(ファッション編)」で「横綱」にランクイン。4/9には「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)で大きく特集された。
急成長の仕掛け人・ワークマンの土屋哲雄専務の経営理論とノウハウがすべて詰め込まれた白熱の処女作『ワークマン式「しない経営」——4000億円の空白市場を切り拓いた秘密』がたちまち4刷。
「『ユニクロ』にも『しまむら』にもない勝ちパターンを発見した」(早大・内田和成教授)
「ワークマンの戦略は世紀の傑作。これほどしびれる戦略はない」(一橋大・楠木建教授)
「縄文×弥生のイノベーションは実に読みごたえがある」(BCGシニア アドバイザー・御立尚資氏)
「めちゃめちゃ面白い! 頑張らないワークマンは驚異の脱力系企業だ」(早大・入山章栄教授)
など経営学の論客が次々絶賛。10/26、12/7、2/1に日経新聞に掲載された。
なぜ、「しない経営」が最強なのか?
スタープレーヤーを不要とする「100年の競争優位を築く経営」とは何か。
ワークマン急成長の仕掛け人、土屋哲雄専務が初めて口を開いた(土屋哲雄の本邦初公開動画シリーズはこちら)。(構成・橋本淳司)


表彰と人間心理


 「エクセル経営」を浸透させるために、データ活用の上位者や功績のあった社員は優遇した。


 分析チームに参加した人は「改革意識が高い人材」と位置づけ、人事の定性評価を平均以上にした。


 分析チームの経験者には、本人の希望する部署へ異動してもらう。


 当社の場合、製品開発、広告宣伝などが人気部署なのでそこを経験させる。


 SVであれば関東、関西、九州など、人口が多くて一般客の多い花形地域で活躍させる。


 早い段階で分析チームは成果を挙げたので、社長表彰を出した。


 経営計画に「エクセル経営」を入れたので、その成果の進捗がわかるよう、分析チームのメンバーの成果に対し、スポットライトを当てた。


 普通は業績を上げて儲けたとか、世の中にない驚きの製品を出すとか、100万本売れるパンツをつくったとか、そういう人を表彰するが、分析に対しても表彰することにした。


 また、チームメンバーはデータ活用度の高い部署(ロジスティクス部、商品部〈データ分析/生産管理グループ〉、ネット販売部)に優先的に異動できるようにした。


 会社としてデータ活用人材を心から望んでいるというメッセージを出し続けている。


 部長への昇進条件にも「改革マインド」と「データ活用力」を必須としている。


 店舗の自動発注設定チームのリーダーを、営業部長(SV部長)にしたこともメッセージ性があった。


 数字で店舗の最適在庫を実現することが営業部長の最大の任務だから、一番の有資格者だ。自動発注設定チームでの経験を活かして、部員にも分析の指導ができる。データ分析に秀でた人を昇進させることで、教育効果が高まり、「エクセル経営」の裾野が強化されていったのだ。

ダイヤモンドオンライン

「表彰」をもっと詳しく

「表彰」のニュース

「表彰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ