暗号通貨『イーサリアム』のウォレットアプリ『HB Blockchain Interface』のAndroid版を先行リリース

7月18日(火)9時30分 PR TIMES

イーサリアムブロックチェーンとのインターフェースとして役割を目指す

ブロックチェーン技術及びスマートコントラクト技術を研究、提供するbacoor株式会社(和名:バコオアー株式会社 本社:大阪府吹田市 代表取締役:奥田雄馬、福田寛充)は、イーサリアムブロックチェーンとのインターフェースとなるアプリケーションとして、HB Blockchain Interfaceをリリース致します。
2017年7月にAndroid OS向けアプリケーションをリリース、iOS向けアプリケーションは順次開発を進めて参ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26475/1/resize/d26475-1-699030-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/26475/1/resize/d26475-1-118265-1.jpg ]

『イーサリアム』と、その『トークン』の管理に重点
弊社が開発するHB Blockchain Interfaceでは、暗号通貨イーサリアムに重点を置いた機能を実装しております。
イーサリアムはビットコインに次ぐ市場規模を保有しており、今後益々の規模拡大、利用シーンの増加が見込まれます。
当アプリケーションを使用することで、容易にイーサリアムを管理することが可能となります。
また、多くの暗号通貨ウォレットアプリでは、管理できるトークンが主要な数種類に限られています。
当アプリケーションでは、ERC20に対応したイーサリアムトークンのウォレットを簡単に追加、管理できるプラットフォームを提供致します。
今後、様々な分野から多くのイーサリアムトークンが発表されることを見越して、弊社ではトークンの追加を柔軟に行うことができる仕組みを開発しております。
[画像3: https://prtimes.jp/i/26475/1/resize/d26475-1-576456-2.jpg ]


イーサリアムの特徴であるスマートコントラクトの概念に注目
暗号通貨であるイーサリアムは通貨としての機能を持つだけでなく、そのブロックチェーンのリソースを用いて、様々なプログラムを管理、実行可能性を持つ特徴があります。
イーサリアムのブロックチェーン上で動作するプログラムのことをコントラクトと呼びます。
トークンの発行枚数や所有権などの情報は、全てトークンのコントラクトにて管理されています。
あるトークンのコントラクトに所有権移転の要求が投げれられると、自動で所有権移転の処理が実行されます。
このように、自動で所有権の管理などを行う仕組みを、スマートコントラクトと呼びます。

弊社クラウドファンディングサイト『REAL BOOST』との連携
弊社がリリースするクラウドファンディングサイト『REAL BOOST』(今秋オープン予定)にて、当アプリケーションを利用することが可能です。
資金調達を行う個人または団体のトークンを弊社が作成し、HB Blockchain Interfaceを用いてそのトークンを購入できる仕組みを予定しております。

今後の経営展開について
イーサリアムトークンの制作事業を拡大し、当アプリケーションで利用可能なトークンの種類を拡充して参ります。
また、当アプリケーションが世界中で使用されることを想定し、多言語対応を進めて参ります。
2018年内の100万ダウンロード達成を目標としております。

用語説明
ERC20
イーサリアムのコントラクトで扱うトークンについて、技術仕様を国際的に規定したもの。
当該規定に準拠したシステム間であれば、自由にトークンをやり取りすることが可能となる。

プレスリリースに関するお問い合わせ先
バコオアー株式会社
代表取締役 奥田雄馬 福田寛充
所在地 〒564-0061 大阪府吹田市円山町4-23-507
Mail info@bacoor.co
創立 2017年2月9日
主な事業内容 スマートコントラクト事業、iOS及びAndroidのアプリケーション開発事業
従業員数 20人(取締役、社員、アルバイト)
http://bacoor.co

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

通貨をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ